できない理由をの歌が含まれ

WAR CRY-あゆみくりかまき

凛として平気-QOOLAND

「無駄だ無理だ駄目だ辞めろ」僕らはその壁を砕いてきた

壁を砕けば砕いた手が砕けるぐらい戦ってきた 凛として

「できるわけがない」「あまくない」と先生は言うけれど

できる理由の百倍できない理由を聞かされたけど

聞き分けいい子の量産型にはなれなかったけど

「好かれるために生きてんじゃねぇ」 月にだけ叫んでた

怖くないわけないし 無事じゃすまないだろうし

それでもね 貫きたいなら 傷ついていこう 凛として

「無駄だ無理だ駄目だ辞めろ」大人達は僕らに吐いてきた

無駄か無理か駄目か戦ったこともないくせに吐いてきた

「無駄だ無理だ駄目だ辞めろ」僕らはその壁を砕いてきた

壁を砕けば砕いた手が砕けるぐらい戦ってきた

君がいれば痛くたって 平気なフリでいれそうだ

あと少しだけまだ少しだけ 傷ついていこう凛として

「我慢しろ」「辛抱しろ」「服従しろ」「屈しろ」「折れろ」

あいつらの声と言葉が頭の中にこびりつく

「恥をかかすな」「メンツを立てろ」も連発されたけど

「お前のために生きてんじゃねぇ」 月にだけ叫んでた

落ち込んだっていいし 消えたい日もあっていいし

それでも本気で生きたいなら 傷ついていこう 凛として

「無駄だ無理だ駄目だ辞めろ」大人達は僕らに吐いてきた

無駄か無理か駄目か戦ったこともないくせに吐いてきた

「無駄だ無理だ駄目だ辞めろ」僕らはその壁を砕いてきた

壁を砕けば砕いた手が砕けるぐらい戦ってきた

怖くないわけないし 無事じゃすまないだろうし

それでもね 貫きたいなら 傷ついていこう 凛として

「無駄だ無理だ駄目だ辞めろ」大人達は僕らに吐いてきた

無駄か無理か駄目か戦ったこともないくせに吐いてきた

「無駄だ無理だ駄目だ辞めろ」僕らはその壁を砕いてきた

壁を砕けば砕いた手が砕けるぐらい戦ってきた

君がいれば痛くたって 平気なフリでいれそうだ

あと少しだけまだ少しだけ 傷ついていこう

あと少しだけまだ少しだけ 傷ついていこう

あと少しだけまだ少しだけ 傷ついていこう

凛として

gift-lecca

こんな私にはどでかいことはできないって

頭ん中 勝手に枷つけてちぢこまる

できない理由を並べて日陰にかくれるより

やりたい気持ちを思い出してゼロからはじめよう

冷静に見てみても それは ずば抜けてる

ありそうでなかなかない それは贈り物

その手で作り出した何かで世界が笑うならそれはギフト

与えられてる才能生かして生きるのが何よりきっとベスト

自分探しで終わらないって決めたからには迷わない

どこまででも 駆け抜けるんだ このギフトと

だいぶやりきって もう何も出てこないって

からっぽのはずの頭ん中はめまぐるしく

未練たらしく批評家みたいにいつもうるさい

そんなことならやっぱり自分らしく進んでゆこう

冷静に見てみても それは ずば抜けてる

ありそうでなかなかない それは贈り物

分かってくれるまで何回も言うよ、君にできること それはギフト

気づかないうちに周り笑わせてきたならそれが君のベスト

こんなのいらない、って手放そうとしてる

そのギフトひとつで明日も変えれる

それは神様からの贈り物 人が一つは持っていたいもの

なくせば弱くなるもの 実は何より頼るもの

こんなのあるから私はつらい思いをしてるの、と

考えたことはナイ むしろその逆だと言えるでしょう

これのおかげで私はつまずいてもまた歩いてきた

お守り、武器、プライド、バネ それがギフト

その手で作り出した何かで世界が笑うならそれはギフト

与えられてる才能生かして生きるのが何よりきっとベスト

自分探しで終わらないって決めたからには迷わない

どこまででも 駆け抜けるんだ このギフトと