声にならない声-Angelo

言えないまま過ぎいく 想いだけが流れいく

見送るだけの視界はノイズで色褪せる

与えた傷の深さだけ 暗い闇に身を墜として

静寂に光を探す 明日を生きる為に

時がきっと癒していくだろう まだ激しく打ちつける鼓動を抱いて

朱く妖しく輝いた月を見る あの日目指した行き先 照らすように

変わらず響く 急き立てるような声 意識の奥で揺れている疑問まで奪って

けして絶えることのない螺旋 止まることも許されずに

ただ一つの場所に向かう 決めていたかのように

またいつしか初めて出逢うだろう 理由も知らず面影に惹かれ合って

朱く妖しく輝いた月を見る あの日目指した行き先 照らすように

変わらず響く 急き立てるような声 意識の奥で揺れている疑問まで奪って

声にならない声 深層にゆらめいたままで 未来を描く

霞む朝に 地平へと沈みいく 日射しとともに記憶も霞んでいく

朱く妖しく浮かび続ける月 あの日誓った 最期へ導いている

未だに響く 背中押すような声 何があろうと 揺るがない結末たどって

朽ちていくまで

発売日:2014-12-17

歌手:Angelo

作詞:キリト

作曲:キリト