Wings-麻生かほ里

蒼ざめた空を駆け抜ける西風が

新しい旅立ちの時を告げている

ちぎれた翼でつないだ未来へ

もう一度羽根広げ 飛び出して往こう

時の彼方から

震える手のひらいつも 握り返してくれる

遠ざかる影がくれた強さで 明日の在り処探そう

夢がすれ違う止まない嵐に

ひとつだけ ひとつだけ見えた真実を

選びとることで すべて失くしても

つらぬける想いだけ 銃身にあずけて

二度と戻れない時代と知らずに

暖かいあの胸に抱かれていたころ

幼い力で初めて翔んだ日

風切り羽弾かせた 渡り鳥のうた

「どんなにないても じぶんだけにしか

こえられないこともあるね?

ふりむいてごらん、そんなときこそ

ひとりきりじゃないから」

嘲笑うような向かい風が今

蒼ざめたこの空に吹き荒れ始めた

わたしの翼を奪い落としても

抱きしめた想い出が希望を消さない

発売日:2002-07-24

歌手:麻生かほ里

作詞:なるけみちこ

作曲:なるけみちこ