残像-鴉

もう嫌いでしょう そういうことでしょう

何も言ってない 何と言えばいい?

あなたにとって そんなものでしょう

そんなことない

そんな当たり前を伝える言葉は ため息

六畳一間に沈んだ

先 行くたび 残像

追いつけない波打つ感情も

駆け抜けていこう 波打ち際の現実を

「いつか僕が僕の夢に倒れたときは

いつでもそばで 君だけの歌になる」

を隠してしまった

もう嫌いとか そういうことにしたいの

買い取らないで こんな安い台詞

こぼしてしまった 些細な雫で流れてしまう

思い出ばかり

奇跡と奇跡が繋いだと思ってる バカな僕さ

先 行くたび 残像

追いつけない波打つ感情も

駆け抜けていこう 波打ち際の現実を

「いつか僕が僕の夢に倒れたときは

壊れた僕をどうぞ捨ててくださいな」

を隠しているんだ

先 行くたび 残像

追いつけない 置いたまんまで

駆け抜けていこう 波打ち際をはしゃいで

「いつか僕が僕の夢に倒れたときは

差し伸べてよ 手を 小さな力だっていい」

を代わりに差し出した

発売日:2009-08-12

歌手:

作詞:近藤淳一

作曲:近藤淳一