心に抱きしめて-織田裕二

さよならさえ云えないままの別れだった

子供達の喧嘩みたいに…「続きはまた明日」…

そんな風に思ってたけど 明日はどこにもなかったね

野蛮な聖人をいきがってた俺と

強い女を演じてた君に すれ違った季節がまた来る

どんな唄を どんな恋を どんな生き方を

君は手にしてるだろう

時間という名の大人への階段を

君は確かに駆けているはずさ

変わらないものを心に抱きしめて

時に逆らいながら俺は生きてる

土曜の夜冷たい雨に打たれながら

俺は俺の目指す荒野へ一人で歩き出す

掌からこぼれた砂は 二度と元には戻れない

自由な聖人をいきがってた俺と

いつも何かを縛ってた君に 傷ついた季節はくるけど

どこで愛を どこで夢を どこで幸せを

君は見つめてるだろう

時間という名の忘却の薬さえ

君は静かに 受け入れるだろう

変わらないものを心に抱きしめて

時に逆らいながら俺は生きてる

時間という名の大人への階段を

君は確かに駆けているはずさ

変わらないものを心に抱きしめて

時に逆らいながら俺は生きるよ

発売日:1992-02-19

歌手:織田裕二

作詞:工藤哲雄

作曲:都志見隆