運命の一秒-相川七瀬

降り注ぐ愛しさ 運命の一秒

日だまりの香りに懐かしく 瞳閉じれば

あの日のメモリーズ

閉まるドア手振る

ガラス越し手のひら 駅前の景色も

二度と戻らない時があること

準備ができてない心は脆くて

空いた穴に後悔だけが こんなに無限に広がってく

当たり前に明日を信じてた

何気ない昨日 遠過ぎて

大切な言葉は永遠のI love you

戻せない時計が時を刻むよ

帰りたいと思う場所があって

待っててくれる誰かがいる

失った時間は永遠のI miss you

止まらない運命の一秒

それでも平等に人は前に進み

明日を取り戻す

色あせないで心の中の

繰り返し回るモノクロのフィルム

今も君が側にいるようで こんなにリアルに覚えている

当たり前の明日などないから

精一杯今日を抱きしめて

大切な言葉は永遠のI love you

止まらない運命の一秒

君がうつむくそのたびに

言いたい言葉を聞き取れずに

最後に何かを伝えたかったの?

見上げた青空張り裂けそうな色

人は愚かで幸せになれて

自分を責めても遅すぎて

失った時間は永遠のI miss you

止まらない運命の一秒

降り注ぐ愛しさ 運命の君よ…

降り注ぐ愛しさ 運命の一秒

発売日:2016-10-26

歌手:相川七瀬

作詞:相川七瀬

作曲:柴崎浩