ラストツアー 〜約束の場所へ〜-Bluem of Youth

さよなら街の灯よ 踏み出した終わりのない旅

新しい僕を探して 振り返らずに来たけれど

靴の底ならす程 強くなれるとおもっても

この心疑うほどに 弱音吐いたり寂しがったり

あの日誇らしげに抱えた

泡のようなプライド達も

気づいていた本当はそのすべて

捨て去っても

抱きしめたい 育つ夢を

それなしでは 歩く意味もない

闇の中で立ち尽くすその前に

どうか夢よ僕を照らして

約束の場所へ

逢いたい人の声 向かい風の中で聞いた

にじんでく想い出見つめ

立ち止まったり 勇気づけたり

競う相手もいないまま

閉ざされた孤独な夜も

感じていた失くせないものがある

この胸に

必要なんだ 育つ夢が

それなしでは つなぐ明日もない

ドアの前で もがいてた今日を捨て

僕は心の鍵を握って

陽のあたる場所へ

抱きしめたい 育つ夢を

それなしでは 歩く意味もない

闇の中で立ち尽くすその前に

どうか夢よ僕を照らして

約束の場所へ

発売日:1999-12-01

歌手:Bluem of Youth

作詞:Bluem of Youth

作曲:Bluem of Youth