夏の星座-ANTY the 紅乃壱

寂しくなったら会いにいくから それまでに少し大人になるよ

声聴きたいなら電話鳴らすの それまで 私に時間をください

伝えてしまったあつい午後 強がりだとか本音 混ざる

ほんの一瞬の出来事 歪む音 少しの本当

あたしの夢とあんたの夢 足並みそろえる意味 見失う日々

無理する君(あたし) あとちょっとの自暴自棄(ほんとは好き)

あの夜出会い あいつの目がいつかの願い あたしの未来

思い出すは素敵な事ばかり こんな夜にはあいつに頼りたいな

I'll be there,Waiting for…

もっと時が経ったら

Moonlight's lonely but Shine

君を隣に歩く

I'll be there,Waiting for…

もっと話したいから

Moonlight's lonely but Shine

いつか耳元に君を

ひとりの夜はもう慣れた 片方空いた枕も用なしだ

独り占めの空 虫の音はふたりより響く 見上げれば

半分欠けた月 僕の気持ち 夏の星座 こんな感情

自分ではどうしようもない 胸がつまる あの子のせいだ

出会ったクラブの音の中 話した言葉と記憶をたどる

ついに出会った 待ちに待った そんな女だと思えた One night

あの子の目が僕の奥を強く刺した 二人で明日 絵を描く 僕に光差した(君)

こんな夜には君に頼りたいな

I'll be there,Waiting for…

二人の明日

Moonlight's lonely but Shine

月の光が照らせば

I'll be there,Waiting for…

君の手を取って

Moonlight's lonely but Shine

僕の手のほうに

また会ったときは ずっと強くいたいって もっと君の事おおきく包むよ

また電話するねきっと その時叱ってよ つなげない手は君のもの

そう、そしてふたりつぎ会えた時には何話そうか

歪んだ言葉より素直がいいな また会える場所までどう歩こうか

風のない夜にも ふたりの星座

I'll be there,Waiting for…

夏の星座とひとり

Moonlight's lonely but Shine

月の光と歩く

I'll be there,Waiting for…

いつかつながって

Moonlight's lonely but Shine

ずっと握り返す手

la…la…la…

発売日:2010-07-21

歌手:ANTY the 紅乃壱

作詞:ANTY the 紅乃壱

作曲:EQ