独夜論 -hitoyagoto--ZAQ

独りの夜に抱かれるたびに

あなたの側で泣きたくなる

ありのままを生きるということは

恐怖から逃げないことだと

私の前に立って語るのね

その姿は私だけに

見せているわけじゃない

解ってるのだけど

色んな子の誘惑に簡単に転がるあなた

踊らされるのが好きなのね

私との約束は 守ったままで

独りじゃ何もできないのだと

弱々しい感覚を

あなたは強く言える人

もっと聞かせてほしくて

惹かれていったけど

あなたが私に憧れちゃ

その姿でしかいられなくなるじゃない

あなたが全てをさらけ出すから

「全てを奪われたい」と思ってしまうじゃない

気付いてるの馬鹿

ありふれた幸せに群がる子と同じように

優しくはされたくない

優しい心で解ってほしい

どれだけの傷を引き摺ろうと

その惨めさごと

抱き寄せて ただ抱きしめる

どこか孤独な私に

あなたがそうしたから

ありのままを生きるということは

恐怖から逃げないことだと

私の前に立って語るのね

その姿は私だけに

見せているわけじゃない

解ってるのだけど

独りの夜に抱かれるたびに

溢れる言葉は空気を掴んだ

あなたが私に憧れちゃ

その姿でしかいられなくなるじゃない

あなたが全てをさらけ出すから

「全てを奪われたい」と思ってしまうじゃない

独りの夜に抱かれるたびに

目を閉じて会いにいくわ

発売日:2013-08-21

歌手:ZAQ

作詞:ZAQ

作曲:ZAQ