幼なじみ-Sound Schedule

僕が笑っていられたのは

ただ 君とあいつが特別だったから

つないだ手と手と手は輪を描き

何も知らない僕は幸せだった

電柱横の落書き 偶然見つけたあの日

傘で囲まれた二人 確かに見慣れた名前

僕も君がそりゃすきだよ

だからって ほら 少し水臭いんじゃない?

素直に言ってくれれば

僕も僕であきらめがつくのに…

僕が笑わなくなったのは

ただ 君とあいつが特別だったから

つないだ手と手と手は揺れ動き

一度 置き去りにした「幼なじみ」

運命といういたずら 突然出会う君と夕立

傘に包まれた二人 張り詰めた重い空気

ねぇ 君は何を求めて

強く強く僕を抱きしめるの?

あいつの代わりになるのは

同じタバコの香りぐらいしかないのに…

いつから僕らは恋をおぼえたろう

どうして僕らはふたりとひとりになるのかな

ねぇ 君は僕を求めて

強く強く強く抱きしめるの?

あいつの代わりになるのは

同じタバコの香りぐらいしかないけど

僕もその気になって

右手の傘 電柱横に投げた

愛とか友情の狭間で

もろく もろく 「幼なじみ」崩れた

発売日:2002-04-17

歌手:Sound Schedule

作詞:大石昌良

作曲:大石昌良