瞬時の渦-ライダー(浅川悠)

たとえこの手 汚れようとも

ただ一つの確かな光は白いまま

切り裂いては深くなる闇に

誇り高く掲げた剣を

流れ消える瞬間(とき)の渦に

映る世界は

過去と明日の狭間にある

空虚な幻

触れるほどに失うなら

抱(いだ)いている想いだけを

信じているから

堕ちる果てが業火としても

胸を灯す静かな絆は清いまま

砕かれてた真実の叫び

隠している仮面の下に

流れ消える瞬時(とき)の渦に

見える刹那は

嘘と夢で積み上げてた

儚い幻想

描くたびに傷ついても

揺るがずいる強さ求め

守っているから

光と闇 駆け抜ける翼

終焉(しゅうえん)へと

委ねる 手綱(たづな)

流れ消える瞬時(とき)の渦に

映る世界は

過去と明日の狭間にある

空虚な幻

触れるほどに失うなら

抱(いだ)いている想いだけを

信じているから

発売日:2007-05-30

歌手:ライダー(浅川悠)

作詞:こさかなおみ

作曲:大久保薫