転校ガール-アフィリア・サーガ

キミが居た(キミが居た) 夏の終わりの(約束は)

今もまだ(今でも) 色褪せない

ララララ ララララ ララララ ララランララ

夏の大三角を 右へ曲がった場所で

思いがけず君の 手を引き寄せ

「二人の夢探そう」って 照れ笑いではしゃいだ

満天の星の下 時よ止まれ

季節はながれて僕達は それぞれの道へ

溢れ出しそうな気持ちも 歓声にかき消され 幕が上がったら

時を超え────

キミが居た(キミが居た) 夏の終わりの(約束は)

今もまだ(今でも) 色褪せない

真っ直ぐな(真っ直ぐな) 恋の気持ちは(隠せない)

いつまでも(いつでも) ずっとずっと

ララララ ララララ ララララ ララランララ

街の灯りが少し 落ち始める刻限

緩やかな坂道 その途中で

不意に君が語った夢が あまり大きくって

「遠い人になっちゃうね」ってごまかした

転校の発表の日は 白昼夢みたいで

流れる涙もふかずに 手渡された手紙の 最初の言葉は

ありがとう────

誰よりも(誰よりも) 知ってくれている(君だけに)

好きだよって(好きだよ) 伝えたくて

いつかもし(いつかもし)キミが不安でも(孤独でも)

永遠に(永遠) 繋がってるよ

僕らの明日がどんなに 遠く離れても

あれこれしかじか省略 君の夢の全てが 僕の夢になる

時を超え────

キミが居た(キミが居た) 夏の終わりの(約束は)

今もまだ(今でも) 色褪せない

真っ直ぐな(真っ直ぐな) 恋の気持ちは(隠せない)

いつまでも(いつでも) ずっとずっと

ララララ ララララ ララララ ララランララ

歌手:アフィリア・サーガ

作詞:志倉千代丸

作曲:志倉千代丸