白夜 -byaku-ya--THE ALFEE

どれだけ見つめていれば 想いは届くのだろう

叶わぬ恋ほどに 涙が溢れてしまう

時に愛は言葉を 忘れた天使のように

甘い溜め息だけで 激しく 燃えあがるもの

このまま二人揺れあって 白夜の果てで抱きあって

不思議な恋の唄が 空に流れ消えてゆく

遥かな幻想の街 風のララバイ 哀しく

時に泣き疲れた 小さな子供のように

あなたのやさしい胸で 静かに眠ってみたい

真夏の夢の蜃気楼 時を忘れて いつまでも

ー星も見えない夜だから 闇と光の間で彷徨い続けていようー

このまま二人揺れあって 白夜の果てで 抱きあって

赤いルージュ 妖しく 白い夜に抱かれて

このまま二人揺れあって 白夜の果てで 抱きあって

このまま二人揺れあって 白夜の果てで 抱きあって

ララララ・ララララ・ラララララ

ララララ・ララララ 夜明けまで…で

発売日:1994-12-20

歌手:THE ALFEE

作詞:高見沢俊彦

作曲:高見沢俊彦