風のように-清水翔太

風のように 季節を越えて

君を想い続けよう

雨の中で 君を呼んでいる

僕は1人じゃない 1人じゃない

春がくればまた君に会える気がしてる

僕はそう信じている

目を閉じた瞬間 止まっていた時間が動き出す

君の笑顔 変わらないね

「大丈夫ずっと一緒だよ 何も心配ないよ」

あの時の言葉は 誰に宛てたのかな

「怖がらなくて平気だよ 過去や未来気にしないで」

振り返れば 遥か彼方

風のように 季節を越えて

君を想い続けよう

雨の中で 君を呼んでいる

僕は1人じゃない 1人じゃない

僕の空が真っ暗に変わる頃

君の空には朝が来る

手紙を書くよ 届くかもわからないけれど

少しは気休めになる

「もう一度もし会えたら 2人で何処かへ行こうよ」

無邪気にはしゃぐ君が映ってる

「新しい門出を2人で祝おうよ」

せめて君が君じゃなかったら

風のように 季節を越えて

君を想い続けよう

雨の中で 君を呼んでいる

僕は1人じゃない 1人じゃない

未来はいつもすぐ側にあるよ

過去はいつも君を見ているよ

だから 僕も 側で…

風のように 季節を越えて

君を想い続けよう

雨の中で 君を呼んでいる

僕は1人じゃない 1人じゃない

発売日:2009-07-15

歌手:清水翔太

作詞:Shota Shimizu

作曲:Shota Shimizu inspired by 光田康典's「風の憧憬」