桜の実の熟する時-THE ALFEE

思えば他愛もない

揺れる心 すれ違い

今ならばお互いに

些細な嘘も許し合える

桜の実の熟する時

もう一度やり直したい

どれほど夢をあきらめ

ここまで歩いて来た

振り返れば後悔という

涙の轍がある

そばにいて欲しいそれだけで

僕は何も望みはしない

君がそこにいるそれだけで

僕は幸せに包まれる

桜舞い散る坂の途中

君の背中を追いかけて

萌ゆる緑光の渦

躍る季節 裏腹に

誰もが皆胸の奥に

幾つもの傷を抱えてる

桜の実の熟する時

自分という孤独に気づく

時には鏡の中の

自分に問いかけよう

幸せとはそれぞれに

道はさまざまに続く

そばにいて欲しいそれだけで

僕は何も望みはしない

君がそこにいるそれだけで

優しい光に包まれる

桜舞い散る坂の途中

君の背中を追いかけて

何のため人は生まれて

誰のためここにいる

その答えはそれぞれに

自分の価値のままに

そばにいて欲しいそれだけで

僕は何も望みはしない

君がそこにいるそれだけで

僕は幸せに包まれる

時間を止めて見渡してごらん

愛とはそばにあるもの

桜の実の熟する時

君をこの手で抱きしめよう

そばにいて欲しいそれだけで

僕は何も望みはしない

君がそこにいるそれだけで

優しい光に包まれる

桜舞い散る坂の途中

本当の愛が見える

桜舞い散る坂の上で

微笑む君が手を振る

発売日:2009-05-13

歌手:THE ALFEE

作詞:高見沢俊彦

作曲:高見沢俊彦