8つ目の青春-さだまさし

僕が先輩を尊敬している訳は

男は恋をしていればいつだって青春だぞと

幾度倒れてもきっぱりと言い切れる その明るさと強さ

先輩は既に7つの青春を散らして来たが

その都度不屈の努力と勇気で立ち直るだけか

みごとそれを自分のエネルギーにかえて 成長したのだった

最初の春が散った時 彼が涙こらえて手にしたのは

オートバイのライセンス

ふたつ目の春がこわれた日 彼がやけっぱちで手に入れたのが

自動車免許証

何故そっちに走ったのかは謎だが次々と

春を散らす度に大きな車に乗り替えて

そんな訳で 7つ目の春が散った去年から

先輩は 2トン車に乗ってる

ひどい照れ屋で無口で おせっかいで涙もろくて水虫だけど

気前がよく間抜けだが強くて優しい

こんないかした男の魅力に誰も気づかないとは 女たちは ばかか

青春を没にしたあと いつも僕を用賀まで呼び

高速料金所のカード おじさんから無愛想に

ひったくって あてどない傷心の旅に出るのが唯一悪いクセだった

先輩がついに8つ目の春に挑んだ相手は可愛ゆい

利口で優しいすてきな娘

今度こそはと 思わず僕はお百度参りに水ごり

それとこっそり不安の旅支度

僕のそんな願いを 踏み散らかして

半年たたずに電話が来たよ あの場所で待てと

環8 午前5時 朝靄をけたてて

やって来たのは 4トン車

処が何と助手席にちょこんと座ってるのは8つ目の

可愛ゆい青春ではないかいな

先輩はおでこぽりぽり 赤い顔して無愛想に言う

そんな訳でよ ちょっと行ってくるからョ

バンザイ やったね Vサインでも出してよ

料金所でカードも ひったくらずに済むもんね

ちょいと 8つ目の青春 あんたは偉い

頼んだぜ 先輩をヨロシク

バンザイ! さっそうと、でもないけど去りゆく

4トン車の背中に キッス投げて振り向けば

ほんの少し寂しそうな僕の荷物越しに

蒲田方面から 朝の日射し

発売日:2004-06-30

歌手:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし