生きる意味をの歌が含まれ

いいんですか?-RADWIMPS

いいんですか いいんですか

こんなに人を好きになっていいんですか?

いいんですか いいんですか

こんなに人を信じてもいいんですか?

大好物はね 鳥の唐揚げ

更に言えばうちのおかんが作る鳥のアンかけ

でもどれも勝てない お前にゃ敵わない 

お前がおかずならば俺はどんぶりで50杯は

軽くご飯おかわりできるよ だけども んなこと言うと

「じゃあやってみて」とかってお前は言いだすけど 

それはあくまでも例えの話でありまして 

だどもやれと言われりゃ おいどんも男なわけで

富良野は寒いわけで お前が好きなわけで

ちょびっとでも分かってもらいたいわけで 

ちなみに、オカズって 変な意味じゃないんで 嫌いにならないでね

いいんですか いいんですか

こんなに人を好きになっていいんですか?

いいんですか いいんですか

こんなに人を信じてもいいんですか?

いいんですよ いいんですよ あなたが選んだ人ならば

いいんですよ いいんですよ あんたが選んだ道ならば

今まで俺は何回お前を泣かせたんだろう

それに比べて何回笑わせてやれたんだろう

更には嬉し泣きっていう合わせ技もお前は

持ち合わせているから余計分かんなくなんだよ

「ごめんね」と「ありがとう」を繰り返せばいいんだよ

その比率は五分と五分に限りなく近いけど

例えば999999回ずつで最期の 瞬間を迎えたとしよう

「ありがとう」の勝ちはもう間違いない

必ずや到達するよ1000000回

だってさ だってさ だってだってだってさ

だって俺のこの世の最期の言葉はあなたに言う「ありがとう」

いいんですか いいんですか

こんなに人を好きになっていいんですか?

いいんですか いいんですか

こんなにのめりこんじゃっていいんですか?

いいんですよ いいんですよ あなたが望んだ人ならば

いいんですよ いいんですよ あなたが望んだ道ならば

あなたといる意味を探したら 明日を生きる答えになったよ

明日を生きる意味を探したら あなたといる答えになったよ

いいんですか いいんですか

こんなに人を好きになっていいんですか?

いいんですか いいんですか

こんなに人を信じてもいいんですか?

いいんですよ いいんですよ あなたが愛した人ならば

いいんですよ いいんですよ

いいんですか いいんですか

こんなに人を好きになっていいんですか?

いいんですか いいんですか

こんなに人を信じてもいいんですか?

いいんですよ いいんですよ あなたが選んだ人ならば

いいんですよ いいんですよ むしろそうであって欲しいんですよ

いいんですか いいんですか

こんなに人を好きになっていいんですか?

いいんですよ いいんですよ

あなたが選んだ人ならば

あなたが愛した人ならば

あなたが望んだ人ならば

A Message-相川七瀬

愛乞う者-AiRI

スペースオペラ-Ao

失くしていた鍵が見つかった

ゴミと一緒に混ざっていた

それが無いとかからないんだって

君の船のエンジン

ところが何処を探したって

鍵穴は見当たらないね

それはどんな形だったっけ?

そもそも鍵なんているのかな?

太陽が嘲笑っていた

途方に暮れる君を見て

当然の様にこう言った

「逃げたいだけじゃ動かせないよ。」

道が道に重なる迷路

月が位置を変えてく航路

遥かの距離が見抜けなくて

痛みの意味に気付けなくて

全てが全て嫌になって

たまに逃げたくもなるもんだ

生きる意味を知らなくたって

笑顔で生きていたっていいから

その声が光を宿すのです

急に空は静まった

太陽が今眠ったんだ

鍵穴はついに見つからず

闇が目覚めだす

心臓は動いていた

吐いた息は白かった

そして君はこう言った

「この足でも行けるよね」

道が道に重なる迷路

月が位置を変えてく航路

遥かの星の光を受け

痛みの意味が少し見えても

君が君に重ならなくて

たまに消えたくもなるもんだ

生きる意味が見つからなくて

果てるまで知れなくたっていいから

答えは無いのも

一つの答えだろう

彷徨う分だけ涙も落とすだろう

それでも落としていることに気付かないように

これからもずっと歌い続けるのさ

ルラララ

生きてる意味を探していく

飛ばない船を背負っていく

諦めたから前を向いた

そして踏み出した足が大地を蹴る

世界が止まった刹那に

背中で船が光りだして

大地は君を解き放って

遥かの星を目指す様に

迷いも全て超える様に

君が君を諦めないで

歩くつもりならいつだって

僕が君の翼になって

どこまで連れてったっていいからさぁ

jester-Aoi

BURN-葵-168-

あさやけのうた-藍坊主

ひっぱるほど縮んでゆく、かた結びのような愛と、

広がるほど薄まってく、みんながみんなを愛そうとする心。

僕らはそう、あの地平線のよう、

空と大地の、どちらが描くのか、わからない曲線。

終わりは恐ろしい、受け入れたくはないけど、

頂上の無い山も、ただの、ただの、苦痛でしかない。

それでもただ、月は輝いて、

生きる意味を、夜明けまで語った。

あさやけのうた、絶望をすべて癒やせるほど、

この世界は安っぽくできてないだけ。

あさやけはほら、狂ったようにすべてを照らす。

この鎖を絆に変える、雄叫びをあげろ。

二つも三つもあったら、

とっくに飛び降りてるだろう。

そのたびどんな気分だろう、

命が一つで良かった。

君は君がいない世界を想像できるかい?

家族、友人、恋人、風景、どんな映像を浮かべてるんだい?

けど、考えてみて欲しい、その視点は、その映像は、

どこまでいっても君の心に映ってる。

君がいない世界を君は想像なんてできない。

君がいなかった世界なんて、君にはもう既に不可能だ。

無いことを想像しろ、無いことを想像しろ、無いことを想像しろ、

けどそれはいつも君の空間を決して離れない。

本当に無いことなんて想像できない。

あなたの全存在に、ハッピーバースデイ。

あさやけのうた、母のくれたこの時間。

赤く染まった、父のくれたこの空間。

凍えた耳と、肺を突き刺してく冬の匂い。

この鎖を絆に変える、雄叫びをあげろ。

バタフライ-藍坊主

誰のために-赤い鳥

シャングリラ-Acid Black Cherry