君は僕のの歌が含まれ

君は僕の勇気-東野純直

君は僕の物だった-ART-SCHOOL

君は僕のもの-クラムボン

君は僕のRainbow-BURNOUT SYNDROMES

夏のスタートを告げるテスト明けの青空

先刻の夕立 車窓に未だ残ってた

鈍行列車に揺られ 眠る君を肩で支えて

動けず 虹を見ている

電車の赤 風立つ向日葵

割り勘したライムソーダのグリーン

徹夜明けの海のブルーも全部 夢じゃない

君は僕のRainbow 明日へ架かる橋

土砂降りの人生に射した光

降りる駅を過ぎ 見知らぬ街を抜け

何処までも行こう 間違いも全部 夏の所為にして

「どんな夏にしたい?何が楽しい?」

白々しく問う白いカレンダー

今 埋まっていく 目を背けてきた日々の空虚さが

君と紡ぐ七色で

水色のシュシュ 朱に染まる湖畔

半分こしたイヤホンのピンク

軒先 紫陽花のパープルも全部 鮮やかに

君は僕のRainbow 日々照らすプリズム

空っぽの銀幕に差した光

降りる駅を過ぎ 見知らぬ街を抜け

何処までも行こう 間違いも全部 夏の所為にして

君も夢で虹を見ていますか?

僕も君の空を 心を彩れていますか?

どんな雨風にもその笑顔は曇らせやしない

木漏れ日のような肩の温もりに 誓うよ

君は僕のRainbow 長いトンネル抜け

終点へ向け速度を増す列車

不意に射す光 君は薄目を開け

含羞んだ声で眩しそうに言った

「おはよう」

君は僕のRainbow 明日へ架かる橋

土砂降りの人生に射した光

降りる駅を過ぎ 見知らぬ街を抜け

何処までも行こう 間違いも全部 夏の所為にして

僕のRainbow

僕のRainbow

君は僕の歌〜You are the Song-石丸幹二

君は僕のなにを好きになったんだろう-斉藤和義

僕が大人になったら なんになろうかなんて

いまでも考えてしまう 可笑しいだろう

後悔したくないなら まだ引き返すこともできるのに

また唇かさねる夜に

君は僕のなにを 好きになったんだろう

言ってみてくれないかな どんなことでもいいから

君は僕のなにを 好きになったんだろう

むかし学校帰りは 厭きたからだを投げ出し

ただ空を見ていた なにもかもちいさすぎて

僕はパーティのビンゴと いうものにはまったく

当たったことがないんだ 自慢じゃないけど

そんな運はつかわない 自尊心だけはもっていて

ひとりベランダに立っては 煙草を吸ってる

君は僕のなにを 好きになったんだろう

言ってみてくれないかな つまりなんでもいいから

君は僕のなにを 好きになったんだろう

いつもひびわれた心 君に会うまでのブルース

飛び立てないロケット 逃げるように捨てた恋

まるで人というものに だまされたことがない

あるいはすべてを赦して 生きてきたのかい?

疑いたくなるくらい まっすぐに僕を見つめる

君のその瞳から 涙こぼれた

君は僕のなにを 好きになったんだろう

言ってみてくれないかな とても不安になるから

君は僕のなにを 好きになったんだろう

むかしバイク事故って あのまま死んだとしても

それはそれでよかった そんな人生もあった

君は僕のなにを 好きになったんだろう

言ってみてくれないかな どんなことでもいいから

君は僕のなにを 好きになったんだろう

言ってみてくれないか たとえ嘘でもいいから

君は僕の… welcomez URATA NAOYA from AAA-INFINITY 16

君が欲しがっていた あの靴を買いに行こう

君が言ってた あの店にも行こうよ

君が見たがっていた あの映画を見に行こう

君が住んでた あの街まで ドライブしようよ

君の夢を全部 僕が叶えよう

欲しいものも全部 手に入れるよ

君は 僕の 隣にいてくれるだけで

他に何もいらない

やっと 巡り会えた

ずっと 探していた

こんなに幸せな 気持ち初めてだから

偶然なんかじゃないさ

運命だって言えるさ

世界で一番 君の事が好きさ

君が憧れていた 海の見える街に住もう

君が欲しがってた インテリアを飾ろう

君と料理が出来る 大きなキッチンも作ろう

揃いのリング 渡す時はこっそり決めてあるから

君の夢を全部 僕が叶えよう

欲しいものも全部 手に入れるよ

君は 僕の 隣にいてくれるだけで

他に何もいらない

やっと 巡り会えた

ずっと 探していた

こんなに幸せな 気持ち初めてだから

偶然なんかじゃないさ

運命だって言えるさ

世界で一番 君を愛してるよ

いつもの風景が

君のパパやママ達みたく

死ぬまでずっと仲良く 手を繋いでいられたらいいな

必ず幸せにする そう心から誓う

だって 君は僕の 全てなんだ Wow

やっと 巡り会えた

ずっと 探していた

こんなに幸せな 気持ち初めてだから

偶然なんかじゃないさ

運命だって言えるさ

世界で一番 君を愛してるよ

君は僕の人魚姫-遠藤賢司

君は僕の好み-DOES

君は僕の太陽-中河内雅貴