抱きしめていようの歌が含まれ

spirit-ICE

サルビアの花-あがた森魚

エデン-Aqua Timez

背を向け合えば 互いは翼になる

けれどもう 僕らには 飛び立つ場所などない

誰かが涙を流さずとも 僕らが優しくなれていたら

誰かを悪者にしなくても 僕らはヒーローになれたかな

魔法使いの女の子が 魔法の杖を捨ててでも

握りしめたかった温もりがあるように

僕らが生まれた この世界にきっと

背負うものなどない 抱きしめるものばかりなのだから

僕とあなたが 蝶々結びのように

やわらかく 絡み合い いつかほどけたとしても

空というものは 羽ばたくものではなく

見上げるものだと 潔く 諦められたらいいな

手を取りあって 歩いていけたらいいな

大事なものを失ったのか 失ったものが大事なのか

はてなを自分に突きつけても 僕らは素直でいられるかな

魔法使いの男の子は もう魔法などなくても

あの子を笑顔にすると決めたんだってさ

大好きな人が笑っててくれたら

太陽が鳴り止んでも 次の朝を待てるから怖くなかった

雨の降る日に 傘を開くようにね

晴れ渡る空の日は 心を開いていよう

そして二人で まぁるい笑い声を

シャボン玉のように 一つずつ 浮かべていけたらいいなぁ

幼い頃 パパとママがいて 僕にもあなたにも 帰る場所があった

魔法があってもなくても お金があってもなくても

愛と呼べる懐かしい匂いがあって

何でもない朝 本当はそこに

大切な何もかもがあったこと 今ならわかる あなたも?

いま

背を向け合えば 互いは翼になる

けれどもう 僕らには 飛び立つ場所などない

あなたに出逢って 長い旅は終わった

もう遠くなんかない ここでただ あなたを抱きしめていよう

もっと強く あなたを抱きしめていよう

サルビアの花-天地真理

サルビアの花-あみん

Starlight Stardust-arp

清く 正しく 美しく-安全地帯

悲しいときは空を見て

誰も悪くないと言おう

淋しい時は海に来て

もう自分を責めなくていいと言おう

うれしい時は風になり

麦を鳴らしてたたえよう

やさしい時は「あの人」に

「ゴメンネ」 「ありがとう」と言おう

くるしい時は山を見て

もう逃げたりしないぞと言おう

虚しい時はふるさとの

母(だいち)を想い泣けばいい

何もできなくなってしまった時は

清く 正しく 美しく

清く 正しく 美しく

ただきみの手を握りしめていよう

ダイスの目は決まってる

はじめからそれと決まってる

ひとつコロがすと1〜6まで

終わりのないひとり旅

ふたつでコロがせば1はない

6と6で12になって

時計の針が0時で重なるように

きみがいてくれるなら

悪いものなんてない 悪いものなんてない

この世にあるものはいいものばかりに決まってる

胸を張れ高らかに 希望の光を見たはずだ

あの日の自分を思い出せ 心の闇に立ち向かえ

誰も助けちゃくれない 誰もわかっちゃくれない

自分は自分でしかない

良き人たちのピンチを救えるのは

汚れた者たちの最期のチャンスなのだから

足を半歩前に出せ必ず誰かが見てるから

もっと笑って笑ってもっと

ぼくらの愛が清らかだとわかるように

もっと手を振って手を振ってもっと

ぼくらの愛が正しいところに

向かっていけるように

もっと涙を流して涙を流してもっと

まだ見ぬ母のぬくもり頼りに

泣きじゃくる赤子のように

いつか知らないどこかの誰かが

涙をぬぐってくれるくらいに

ぼくらの愛が美しいと言えるように

清く 正しく 美しく

清く 正しく 美しく

きみだけの きみだけの きみだけの

愛を受けとめていよう

清く 正しく 美しく

清く 正しく 美しく

きみだけを きみだけを きみだけを

黙って抱きしめていよう

清く 正しく 美しく

清く 正しく 美しく

清く 正しく 美しく

ぼくらは一つになれる

清く 正しく 美しく

清く 正しく 美しく

清く 正しく 美しく

ぼくらは一つになれる

いつか一つになれる

愛しい-杏里

サルビアの花-八神純子

愛しい人-加藤ミリヤ