『道がない』の歌が含まれ

alive-喜多村英梨

I must decide whether to go

(or stay. I want you to stay with me)

I want to get back together

(Don't say 『My mind will never change.』)

I must decide whether to go

(or stay. I want you to stay with me)

I still can not forget you.

離れてゆく二人のDistance

縮め方がわからなかったんだ だから

途切れがちな 君のリアクションに

気づかないフリしてしまったんだ

押し潰されそうで

静寂を裂くような 『サヨナラ』の一言が

僕の心の時計の針を 迷いもなく止めた

逢いたくて 逢えなくて 君じゃなきゃ満たされないよ

薄れゆく ぬくもりを 抱きしめてたい ずっと

その声も その指も 他の誰かのものになるくらいなら

全て 忘れてしまいたいのに…

I must decide whether to go

(or stay. I want you to stay with me)

I still can not forget you.

『信じる』 ための 『疑い』 なんて

許されるものだと思っていた だから

君が流した泪も全部

些細な喧嘩だと思っていた

どうしようもなくて

与えられないものを 君から 欲しがってた

誰よりも大切にしたいと 想えば想うほど

切なくて 苦しくて 戻りたい 初めて逢った

あの時の 微笑みが 忘れられないずっと

ただ前に進むしか 他に道がないなら いっそ このまま

想い出と立ち止まっていたい…

『世界が終わりを告げる時も

変わらず二人でいよう』 なんて

笑いながらも 信じていた Ah

儚く散った僕らの夢を もう一度 拾い集め

逢いたくて 逢えなくて 君じゃなきゃ満たされないよ

薄れゆく ぬくもりを 抱きしめてたい ずっと

その声も その指も 他の誰かのものになるくらいなら

全て 忘れてしまいたいのに…

I must decide whether to go

(or stay. I want you to stay with me)

I want to get back together

(Don't say 『My mind will never change.』)

I must decide whether to go

(or stay. I want you to stay with me)

I still can not forget you.

発売日:2012-07-25

歌手:喜多村英梨

作詞:山口朗彦

作曲:山口朗彦

今夜が革命前夜-山下智久

発売日:2014-10-08

歌手:山下智久

作詞:箭内道彦

作曲:Mark Weinberg・Lil Eddie・Jordan Fisher

衝動-ヒグチアイ

簡単なことばかり質問しないで 勇敢であれよ青年

柔軟な脳みそ働かせたいよ 細胞がうずく衝動

先がない後がない 八方塞がり 四面、楚歌が聞こえる

年をとる以上の速さで 邁進して参ります

壊れたブレーキ 気付いてるのに 急速発進止まんない

何も見ないで振り返らないで 手招く甘い誘惑

点滅してる エンプティー 途中休憩はない

すいも甘いも なんにも感じないこの頃

感情論 いつかは枯れてしまうよ

哀愁で補う晩年

道がない 跡がない 吉報 君だけじゃない大丈夫さ

舐め合う傷なら とっくの昔に治ってるはず

華やいでいた 青春10代 誰かのレールを辿って

自由を知って 不自由になった 何も特別じゃなかった

点滅してる信号 鳥はもう鳴いてない

進む進まない 選択 正解 わかんない

先がない後がない 八方塞がり 四面、楚歌が聞こえる

可能性って言葉で逃げた日々 あの街に捨てたはず

壊したブレーキ 必要ないし 踏み込むアクセルだけでいい

何も見ないで 振り返らないで 過去も悔いもただの残像

点滅してるエンプティー 針は右に回る

止められない 鼓動を聞いて

壊れたブレーキ 最終ステージ クリアしたって続いてる

まだ先あるって たどり着いたって 胸の高鳴りを信じて

光り続けるエンプティー ぎりぎりで生きてる

進め 衝動が尽きるその日まで

発売日:2016-11-23

歌手:ヒグチアイ

作詞:ヒグチアイ

作曲:ヒグチアイ

Hip Pop Boogie-櫻井翔(嵐)

Hey! Hey! 俺ら山 風の登場

高嶺の方向 向けてまた攻防

結果残しつ未だまだ放蕩息子奏でる“あなた方”孝行

Jazz band, Hip Hop 取り込んで行く

是こそご存知のHipなPop (That's right)

“音と言葉つむぎ描く芸術”

いままでこれからもこのメンツです

このメンツで(yeah) 届けるぜ(yeah)

歴史のページをいまめくれ

(World is mine)

時代is mine

未来is mine

アマテラス照らす sunshine

大卒のアイドルがタイトルを奪い取る

マイク持ちペン持ちタイトルを奪い取る

hip-pop beat yo

ステージ上終身雇用

道なき道を歩いてく

迎合せずただマイペース

いま言える いまならば言える

蒔いてた種たち咲いてく

Somebody(yeah) Everybody(yeah)

いま時代が手の中に(yeah yeah)

Pass da mic.

Pass da pen.

このmic and pen でRock the world

こんなゆっくりでいいんだって こんな俺らだってでもいいんだって

こんな景色まで見られるなんて こんな… こんなとこ来てたなんて

この大草原の先には何が待っているのだろう

道がないなら創ればいい その先例え果てていたとしても

これが最初のタイトなパイオニア

きっと笑うぜ最後には

これが最初で最後のパイオニア

きっと笑うぜ最後には

飾りでなく 外野黙り込む lyrical idol 辺りを巻き込む

そうHIPなPOP STAR

道なき道を歩いてく

迎合せずただマイペース

いま言える いまならば言える

蒔いてた種たち咲いてく

Somebody(yeah) Everybody(yeah)

いま時代が手の中に(yeah yeah)

Pass da mic.

Pass da pen.

このmic and pen でRock the world

きっとずっと 一方通行

悪いが俺 先急ぐぞ

(集合)津々浦々 八百万の長

万物に宿りし神々の子

人の上 下に人作らぬなら

俺がその天の頂いただく

「しばらく…」とかでなく uh

いままず何が出来るかでしかもう変わらん

What's going on?

何か違うと思わないかい?

What's going on?

あんな大の大人が

What's going on?

罵り合い大会

なんて僕らは見たくないんだい

こうなりゃもう… そう咲き乱れる

本業の方々顔しかめる

温室の雑草がマイク持つRAP SONG

“MY LIFE IS MY MESSAGE”

道なき道を歩いてく

迎合せずただマイペース

いま言える いまならば言える

蒔いてた種たち咲いてく

Somebody(yeah) Everybody(yeah)

いま時代が手の中に(yeah yeah)

Pass da mic.

Pass da pen.

このmic and pen でRock the world

道なき道を歩いてく

迎合せずただマイペース

いま言える いまならば言える

蒔いてた種たち咲いてく

Somebody(yeah) Everybody(yeah)

いま時代が手の中に(yeah yeah)

Pass da mic.

Pass da pen.

このmic and pen でRock the world

発売日:2008-04-23

歌手:櫻井翔(嵐)

作詞:櫻井翔

作曲:COUNT FORCE

with you feat.Me-BACK-ON

特別な気持ちになれる人

出会い別れの中 探し続けて

日々は猛スピードで 僕を追い越してくのに

独り立ち止まっていた、、

君はただ 笑って 『みんな同じだ』って言って

前を見て 歩いていた

心の中は鮮明なcolor

過去の痛みが縛るその体

まずはここから、共に越えるんだ!

作り上げた境界線! その手離すな!!

君と出会えた事で、僕は強くなれた

物足りない毎日が 満ち足りた日々へ

(モノクロに見えてた世界はカラー! この瞳のなかキミがいるから!)

止まっていた僕の世界は、動き出した

今までの僕は 何をしてたんだろう

窮屈な狭い世界から 飛び出すと決めたんだ

太陽と地の間で目指す!ぶれる事はない胸のコンパス!

歩み続けんだ明日の方角! 道がないのなら、道を創作!

(音楽に)限界なんてない!!

暗い 部屋でふさぎ込んだ あの頃の 僕は

明日に呼ばれても 振り向けなかった

(遥か彼方の光目指して、重ねた願いは闇を裂いてく!)

君と出逢って笑い方も思い出せた

1+1が生んだ衝動 比翼の翼羽ばたき上昇!

夢掴むまでの距離はso long! 追い風にRide on!!

君と出会えた事で、僕は強くなれた

物足りない毎日が 満ち足りた日々へ

(モノクロに見えてた世界はカラー! この瞳のなかキミがいるから!)

止まっていた僕の世界は、

この手の中に夢を掴む時は

ずっと僕のとなりで笑っていてほしい…

(遥か彼方の光目指して、重ねた願いは闇を裂いてく!)

君がいたから 僕は未来とまた出逢えたんだ…

発売日:2011-02-09

歌手:BACK-ON

作詞:TEEDA・KENJI03・Me

作曲:BACK-ON

心ぐらし-藤田まこと

歌手:藤田まこと

作詞:石坂まさを

作曲:石坂まさを

Bird-松下優也

発売日:2010-08-25

歌手:松下優也

作詞:Takahiro Maeda

作曲:Jin Nakamura

泥濘に住む男-eastern youth

発売日:1998-06-21

歌手:eastern youth

作詞:吉野寿

作曲:吉野寿

人間交差点-岡平健治

発売日:2009-09-23

歌手:岡平健治

作詞:岡平健治

作曲:岡平健治

タイムマシーン-川本真琴

渋滞の八号線がずっとで、ちょっとよかったなって思ってる

このあとあの子のとこに返さない理由もないし

だけど、そんなふうにイライラして 喋らないでタバコふかされたら

あたしも上手に帰って 友達になれる努力をしよう

「じゃあ、またね」なんて言葉は嫌い テレビを見る気にもなれないよ

帰り道がない唇を待ったのはなぜ?

そばにいたいよ 君の彼女で 明日変わるね あたし変わるよ

だから さよならきっとできる、でもベランダではかないあたしはいったい?

眠れないのは ほっとくだけ ほっとくだけ

十代のすみっこ君といっしょに、ずっと引っかかってたいと思ってた

あの時、あの曲がり角 二人戻れたならいいね

だから、タイムマシーンがいつかできたら、もう1ッコのふたりに会いたい

あなたとあたしはいったい 何処に向かう途中だったんだろう

ねぇ いつまでも終わらないような 夏休みみたいな夕立だね

同じ格好でうずくまって聴いてるの ただ

そばにいたいよ 君の彼女で 明日変わるね あたし変わるよ

だから さよならきっとできる、でもベランダではかないあたしはいったい?

眠れないのは ほっとくだけ ほっとくだけ

窓をつたう雨の粒みたいに 線香花火の雫みたいに

ひとつになったらおっこちちゃうの?

ひとりぼっちでいなくちゃダメなの?

眠れないのは ほっとくだけ ほっとくだけ

発売日:1997-06-25

歌手:川本真琴

作詞:川本真琴

作曲:川本真琴