引き返す度に 君は受け止めてくれたの歌が含まれ

小さな掌-Aqua Timez

体は僕の心のことを僕よりわかってくれてる

緊張すれば 掌に汗が滲む

いつだったかなぁ 奥歯を噛み 立ち止まらせたはずの涙に

悲しみを悲しむということを教わったのは

希望の言葉をたくさんバッグに詰め込んで旅に出た

引き返す度に 君は受け止めてくれた

いつの日も 言葉を選べず途方に暮れる僕

言葉に頼らず抱きしめる君

君の方がずっと淋しい思いをしてきたのに

しゃがみこむ背中をさすってくれる いつもそばにある小さな掌

どんなに綺麗に飾られた言葉よりも その温もりに助けられてきた

何もかもうまくいく時ではなく 何もかもうまくいかぬ時にこそ

人は大切な存在に気付くのでしょう どんな僕も愛してくれる君へ

ありがとう いつもそばにいてくれて

草むらに横たわって 流れる雲を眺めると

静かな心を取り戻すことができた

少しだけ 昨日よりも優しくなれる気がするその場所で

一人では生きていけぬこと かみしめてた

それでも遥か彼方 ゆれる奇跡の花に魅せられて

守り抜くべき日常を枯らしてしまう

もっと昔 青春を青春とも知らず 駆け抜けてから気付いたように

大切な人の大切さを見過ごしてく

美しい想いだけじゃ生きられず 約束の空も汚してしまえた

あんなに綺麗に透き通る空の下で その青に「必ず…」と誓ったのに

ひび割れた理想を手離せぬまま 生きてきた日々を思い返すけど

後ろばかり見てたら明日が哀しむから 人は前に進むしかないんだよ

目の前にいる愛すべき人のためにも

目に見えぬ傷跡をさすってくれる 優しい掌があるということ

世界中に拍手をもらうことよりずっと 大切なものがそばにあった

忙しく暮らす日々に迷い込み 思いやりが無意味に思えても

二度となくしてから気付くことのないように

こんな僕を愛してくれる君に 「ありがとう」の詩をつくりました

言葉じゃ足りない きっと追いつけないよ

言葉じゃ足りないけど、ありがとう。