もう眠っていたのかな? ‥だと良いなの歌が含まれ

眠っていた気持ち 眠っていたココロ-上木彩矢

確かな答えなんてどこにもない

追いつめてもまた逃げる

いつまでもそんなことの繰り返し

傷つけ合ってまたボロボロになる

そしてまたグチをはいてる

明日になりゃウソのように 仮面かぶって生きてる

夜空の星に願っていた

この距離がちぢまるようにと

でも強がってみては後悔する

言葉と想いはウラハラ

眠っていた気持ち

眠っていたココロ

おびき出して

眠っていた魅力

眠っていた自分を

あなたの力で

もうこれ以上ないという魂(イノチ)で

静かに見つめて

もっと私の中で暴れていて欲しい

眠っていた瞳

眠っていた想い

呼び覚まして

眠っていた記憶

眠っていた夢も

あなたの力で

もうこれ以上ないという視線で

優しくとかして

もっとあなたの中で埋もれたまま眠りつきたい

時計の動くSpeed 気にして

さみしさは底なし迷路

生き急いで失ってからまた気付く

孤独から逃れる作り笑い

口づければ また遠くて

素顔は時に誰かを傷つけている

あの星が消える前に

何度でも 確かめ合いたい

目をつむって想い出す

愛しさも 切なさも その瞳も

眠っていた気持ち

眠っていたココロ

おびき出して

眠っていた時間

眠っていた未来も

あなたの力で

もうこれ以上ないという刺激で

静かにこわして

もっと私の中で暴れていて欲しい

眠っていた気持ち

眠っていたココロ

おびき出して

眠っていた魅力

眠っていた自分を

あなたの力で

もうこれ以上ないという魂(イノチ)で

静かに見つめて

もっと私の中で暴れていて欲しい

眠っていた叫び

眠っていた希望

呼び覚まして

眠っていたPower

眠っていた勇気も

あなたの力で

もうこれ以上ないという光で

優しく照らして

もっとあなたの中で埋もれたまま眠りつきたい

君が眠っているうちに-おおはた雄一

サヨナラの準備は、もうできていた-CRUDE PLAY

眠っているのなら-PLAGUES

今夜も始まっているだろう-坂詰克彦

妹はもう帰ってこない-桜野くりむ(本多真梨子)

世界が眠っている間に-No Regret Life

こうやってまた君に嫌われる-HAPPY BIRTHDAY

新しい仕事始めてすれ違いが多くなった

花火に行く約束も結局なくなりそう

毎日忙しいんでしょ わたしは邪魔なのかな

ベッドの中でも違うことを考えてるみたいだ

本当はいつから会ってたの?

華奢でかわいいあの子に

あたしより性格悪いに決まってるわ

もう一度思い出して

どんな時だってふたりで

乗り越えてきたじゃない

あたしが自分を好きになったら

君もあたしのこと愛してくれるかな

目にかかるほど長い前髪で表情隠して君は言う

『好きな人ができた』

行かないで

いつだって君のことばかり考えて

それだから、こうやってまた君に嫌われる

君に借りてたパーカー宅急便で送ったよ

杉並区まで書いたら涙がとまらなかった

あたしの知らない世界で君はなにしてるの

あの子の作ったオムライスを食べる君

知りたくない考えたくない

夢であってほしいよ

あたしのこと忘れないで

あたしが自分を好きになったら

君もあたしのこと愛してくれるかな

君のにおいを消したくないからいつまでもセーター洗えない

嫌いにならないで

行かないで

いつだってきみのことばかり考えて

それだから、こうやってまたきみに嫌われる

あたしも自分を愛せるように変わってゆくから

君もあたしを愛してよ

好きな人はあたしと言って

あの子のとこから戻ってきて

やり直したいよ

だってまた今だって君のことばかり考えて

こうやって、こうやってまた君に嫌われる

そうやって、そうやってまた君も居なくなる

君は僕と会わない方がよかったのかな-乃木坂46

君は僕と会わない方がよかったのかな

なんて思う

夕暮れの街 人混みに紛れ

背中丸めて歩いた

しあわせにできなかったふがいなさに

今日の僕は凹(へこ)んでる

僕たちはどこかで

求め合ったのに

気づかぬふりして

やり過ごした

それがやさしさだと

勝手に思い込んで

少しずつ距離ができてた

抱きしめようとして

素直になれずに

そう 悲しませて

ごめんね

君は僕と会ってしまってまわり道した

かもしれない

僕よりもっと 大人の誰かと

恋をしてたら 今頃…

あのカフェの恋人たち 楽しそうで

一人きりがやるせない

やり直すチャンスは

きっとあったのに

また同じことを

繰り返す

君を期待させて

傷つけてしまったら

思い出は涙に変わる

電話でサヨナラを

言いたくなかった

でも直接は

言えない

君は僕と会わない方がよかったのかな

なんて思う

夕暮れの街 人混みに紛れ

背中丸めて歩いた

しあわせにできなかったふがいなさに

今日の僕は凹(へこ)んでる

タイムマシン乗って

二人が出会う前に行こう

君に話しかけずに

通り過ぎてしまおう

WOW…

運命はいつでも

残酷なものだ

そう 思うように

ならない

君は僕と会ってしまってまわり道した

かもしれない

僕よりもっと 大人の誰かと

恋をしてたら 今頃…

あのカフェの恋人たち 楽しそうで

一人きりがやるせない

だって 今も好きなんだ

忘れかけていたのかな-タイナカサチ

忘れかけていたのかな あきらめかけていたのかな

それともまだ何にも 始まってなかったの

まっすぐなあなたの事 目で追うようになってから

気付けばもうこんなに 信じ合える

忘れかけていたのかな あきらめかけていたのかな

それともまだ何にも 始まってなかったの

帰り道が苦手な 困った私の為に 冗談まじりの話 聞かせてくれる

少し疲れた夜に あなたからの電話で「大丈夫?無理しなくていいから」

優しい声聞いたら また涙が溢れた とにかく伝えたい ありがとう

忘れかけていたんだ 誰かを信じる事を

知らなかっただけだよ こんなに愛する事

だけどもう一人じゃない 守りたいものがあって

すぐそばにいるあなたを包みたい

目の前を通り過ぎる人の波 この手から消えてゆく思い出

ツタの葉が強く重なり合う様に 二人だけは離れずにいられるよね

少し疲れた夜に あなたからの電話で「大丈夫?無理しなくていいから」

優しい声聞いたら また涙が溢れた 心から大切に思える

忘れかけていたのかな あきらめかけていたのかな

それともまだ何にも 始まってなかったの

まっすぐなあなたの事 目で追うようになってから

気付けばもうこんなに 信じ合える

忘れかけていたんだ 誰かを信じる事を

知らなかっただけだよ こんなに愛する事

だけどもう一人じゃない 守りたいものがあって

すぐそばにいるあなたを包みたい