おまえのその脚を切ってやれの歌が含まれ

ハチェット-宮下遊

息苦しさをねじ伏せて 好きになろうとした映画みたいな

泥に片足を突っ込んでる ここには誰もいない

小細工なしで生き残りたいと 誰にも言わずにいたっけ

愚直を生かした生存戦略の終わりの日

ああいつもの雨は やさしく溺れさせる

旨くもないと言いながら

そこまで食わなくたっていいだろう

私の生き様を吐き出す腹の中まで

私の脚が腐っていくのを

気づきたくはないから 歩き方を教えた

言葉で鎮め宥め

泣けば引き上げてまた 突き落とす

フォークなんかで突っつかないで

ひと思いにやっちゃって

サディストが作った街に

かぶれては痛みを知らぬ顔して

乗り慣れない路線を越えて

見慣れない駅まで道を外れて

揺れるバスから遠目に見てた タイヤの墓場の果てにきた

ここだけは来るまいと 眺めてた場所へきた

カレンダーは白いまま 終わりが来る日へめくっていた

それがいつなのか 知る事が出来たなら

赤いペンでその日を囲んでいた

私の脚が腐っていくのを

指を咥えて見ているわけにはいかない

未来を疎んだツケがきたんだ

ついに自分の番が来たんだ

いやだ

フォークなんかで突っつかないで

もう使いものにならないなら

未練がましいその斧で

おまえのその脚を切ってやれ

もう使いものにならないなら

未練がましいその斧で

おまえのその脚を切ってやれ

発売日:2021-01-20

歌手:宮下遊

作詞:Mah

作曲:Mah