遠いあの日に帰りたいの歌が含まれ

旅鴉半次郎 ふりむけば夕陽-杉良太郎

花がやさしい 小さな花が

むごい きびしい 浮世の風も

こらえ こらえて きれいに咲けと

そっと 教えてくれた人

今日も 呼ばれた そんな気で

ふりむけば ああ 夕陽

「お嬢さん、お忘れでござんすか。

子供の頃…お店で丁稚奉公をしておりやした半次郎でごぜえやす。

…お嬢さん、どうか、どうか自分で自分を捨てねえでおくんなせえ。

捨てたら、おしめえだ。沈む夕陽が明日は朝陽になって昇ってくる

…お嬢さん、どうかその朝陽になっておくんなせえ。」

花が恋しい 故郷の花が

生まれぞこない 泣き虫坊主

そんなおいらの 涙を拭いた

白い 花びら 細い指

遠いあの日に帰りたい

ふりむけば ああ 夕陽

お嬢さん、お嬢さん、しっかりしておくんなせえ!

お嬢さん、お嬢さん、

こんなところで、こんなところで死んじまったんじゃ私は、

私はこれから一体どうすりゃいいんでござんすか。私は、

ねぇお嬢さん…お嬢さん

私と一緒に行きましょうね。誰もいねぇところへ行きやしょうね。

どこ迄も…どこ迄も一緒でござんすよ。」

花が悲しい いのちの花が

たった ひとりで ほろりと散った

せめて 見果てぬ 夢追いながら

旅でござんす 半次郎

燃えて 流れる 雲ふたつ

ふりむけば ああ 夕陽

発売日:2009-12-16

歌手:杉良太郎

作詞:保富康午

作曲:遠藤実