心焦がしての歌が含まれ

渚のマーメイド with World Sketch-A.F.R.O

青く澄み切った空の下

心地良い風が君の髪を

なびかせて香り漂って

心が揺れる

波が時を誘ってく

高鳴る鼓動

昇る太陽のように

海に溶けて

ゆっくり広がっていって

舞い上がる気持ち抑えながら

鞄に荷物を詰め込んで

明日の天気は晴れらしい

今夜は何だか眠れない

Ah 空が明るくなって

手に取る車のKey

さぁ まずあの娘の家に向かう

走り慣れた一本道

熱く恋する季節まず 海に向かえば走り出す

愛がダイヤのよう輝いた 集まれば行こう 晴れた道路を

シナリオよりも この機会を

彼女の目線の延長線上

炎上する太陽 さらに増して

君の姿が眩しいマジで

触れるくらい近い左手 異常に緊張震え出して

体内レベルは限界ライン でも今日なら心配ない

風に乗って行けるところまで

自信持って目を合わせ

いつか共に二人で笑って

新たな思い出作り出せ

青く澄み切った空の下

心地良い風が君の髪を

なびかせて香り漂って

心が揺れる

波が時を誘ってく

高鳴る鼓動

昇る太陽のように

海に溶けて

ゆっくり広がっていって

静かなトンネル その横顔にのめり込んでる

ハッと我に返り ハンドル握りなおし吹く風に

当たり気持ち紛らせ 潮の香り確かめ

明かりが見える頃にスピーカーのボリューム

あげてさらにスピードアップ

トンネル抜ければ二つの光

太陽と照らされる海が次第に見え

波音が最高のBGM

高ぶる感情は君のせい

いっそずっととなりに君乗せ

向かう先は 眩しい渚

Ah 光る海岸線 笑顔零れる君

Ah 心揺れる想い アクセル強めに

君に届くまで

輝く海を見る度

抑えてた気持ちが高まり

出来る事ならこのまま

君がいるなら尚更

上がりっぱなしのテンション

それに溶け合う夏のバケーション

あとはこの先にある絶好のロケーション

短すぎる夏の時間 ゆっくり君と過ごしたい

子供のような心焦がして 晴れた空車飛ばして

視界が次第に移り変わり 共に行く先青い世界

今も思うよ もう一度 また晴れた日を君と

反射する窓 暑さを上げ 浮かぶ白い雲目指して

気付けばもう光り輝く渚が目の前

青く澄み切った空の下

心地良い風が君の髪を

なびかせて香り漂って

心が揺れる

波が時を誘ってく

高鳴る鼓動

昇る太陽のように

海に溶けて

ゆっくり広がって

二人重なる想いは輝く渚へ

右に曲がれば一面の海 広がる景色と笑顔が特に

際立って見えるこの光景 それはまるで夢のようで

海を見てる君が愛しい 見つめる先は綺麗な瞳

手を伸ばして 海の方へ まさに今日は夏の冒険

時の流れ 照らし出す浜辺

駆け出す姿 心をせかす

もっとそばで 感じていたい

焼けつくほどの暑い日差し

溢れる気持ち切り出さず

今はこのまま走り出す

波打ち際拾う貝殻

照れくさそうに笑いながら

はにかむ仕草に心踊る

さざ波のように気持ち揺れ動く

STAR LINE-AMIAYA

LOVE STORY-Angelo

パンツミー-すち子&真也

We are すち子&真也 from 吉本新喜劇

「パンツミー」とは パンツ見る人のこと

わかるやろ?

わてはナニワのパンツミー

千日前のパンツミー

ぱんつぱんつパンツミー

なにはなくともパンツミー

生まれもってのパンツミー

ナチュラルボーンパンツミー

ぱんつぱんつパンツミー

寝ても覚めてもパンツミー

(tululu) 毎月20日はパンツミー

(tululu) ポイント3倍パンツミー

(tululu) 盆と正月パンツミー

(tululu) 節分七夕パンツミー

腹が減っては戦はできぬ パンツかじってパンツミー

小さいころから英才教育 最終学歴パンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

お気に召すままパンツミー

「真也、大変や! あんたの家が…燃えてる…」

「最悪やー 建てたばっかりやのに ローン35年残ってんのにー」

そんなことよりパンツミー

関係あらへんパンツミー

ぱんつぱんつパンツミー

家が燃えてもパンツミー

(tululu) 飛んで火にいるパンツミー

(tululu) 燃える男のパンツミー

(tululu) 心焦がしてパンツミー

(tululu) 灰になるまでパンツミー

戸締り用心火の用心 マッチ一本パンツミー

火のないところに煙りはたたぬ バックドラフトパンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

完全燃焼パンツミー

「おい真也! ラブホからエロそうな女出てきたぜー」

「昼間っからお盛んだな」

「あれっ…あれオマエのヨメさんじゃねえの」

「ホンマや…」

そんなことよりパンツミー

関係あらへんパンツミー

パンツミー パンツミー

嫁はん寝取られパンツミー

(パンツミーヤ!)

「真也、大変や! 親父さんが倒れた!」

「なんやて!」

「息子さんですか? 一歩、遅かったです…」

「オヤジーっ! オヤジーっ!」

そんなことよりパンツミー

関係あらへんパンツミー

ぱんつぱんつパンツミー

親父死んでもパンツミー

(tululu) 死んだ親父もパンツミー

(tululu) 親子二代でパンツミー

(tululu) 享年80パンツミー

(tululu) 通算70,000パンツミー

大きなことは出来ないけれど 小さな事からパンツミー

パンツのためなら女房も泣かす 人生かけてパンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

地獄に墜ちてもパンツミー

リストラされてもパンツミー

受験に落ちてパンツミー

財布落としてパンツミー

犬が逃げてもパンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

わてはナニワのパンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

パンツミー パンツミー パンツミー

金はなくとも 夢はなくとも

なにはなくともパンツミー

「スパッツ履いとんかい!」

残り風-いきものがかり

七色の楽園-原田知世

ふたりの夏-丹下桜

THE CIRCLE-B'z

魂こがして-ARB

Lover-FOTP

When the sun goes down

There are only two of us

On the beach with of memories

I will promise you my love

Every summer comes

We will come back here again

Just believe in you and me

You know we'll never be apart

Summer time love

Summer time love

夏に恋し君よ

静かな浜辺に

想い出の足あと

二つ重ねる

手を繋ぎ見上げた

花火のきらめき

照らし出す横顔

胸が高鳴る

今でも…

(RAP)

両手ですくった白い砂 小さい手からこぼれ落ちた

俺はここだよ 君の心はどこ 今想えば小さい事

Don't you say good bye

Even fall is on the way

It's the time for new beginning

Another happy season's coming

Summer time love

Summer time love

夕日が眩しくて

風が冷たくて

二人を近付ける

秋の訪れ

来年もここから

夏を始めよう

日に焼けた肌より

心焦がして

何度も…

(RAP)

今年も同じように夏は up & down up & down

ビーチではしゃいだあの夜は happy time happy time

涙は波に流した時から holy night holy night

up & down up & down 夕日が沈む その前に

繋いだ手のその体温 Bunning my heart more than 太陽

変った態度 胸が痛いよ 一夏の恋で終わらすの?

君の言葉をKissでさえぎる 抱き寄せた君の腕は 俺を包まずに

終わっちまった summer time love on deem…

夏に恋し君よ

静かな浜辺に

想い出の足あと

二つ重ねる

手を繋ぎ見上げた

花火のきらめき

照らし出す横顔

胸が高鳴る

今でも…