いつかまためぐり逢うの歌が含まれ

旅立ちの朝-嵐

YELL-いきものがかり

「“わたし”は今 どこに在るの」と

踏みしめた足跡を 何度も見つめ返す

枯葉を抱き 秋めく窓辺に かじかんだ指先で 夢を描いた

翼はあるのに 飛べずにいるんだ ひとりになるのが 恐くて つらくて

優しいひだまりに 肩寄せる日々を 越えて 僕ら 孤独な夢へと歩く

サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL

ともに過ごした日々を胸に抱いて

飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

僕らはなぜ 答えを焦って

宛ての無い暗がりに 自己(じぶん)を探すのだろう

誰かをただ 想う涙も 真っ直ぐな 笑顔も ここに在るのに

“ほんとうの自分”を 誰かの台詞(ことば)で

繕うことに 逃れて 迷って

ありのままの弱さと 向き合う強さを

つかみ 僕ら 初めて 明日へと 駆ける

サヨナラを誰かに告げるたびに 僕らまた変われる 強くなれるかな

たとえ違う空へ飛び立とうとも 途絶えはしない想いよ 今も胸に

永遠など無いと 気づいたときから

笑い合ったあの日も 唄い合ったあの日も

強く 深く 胸に 刻まれていく

だからこそあなたは だからこそ僕らは

他の誰でもない 誰にも負けない

声を 挙げて “わたし”を 生きていくよと

約束したんだ ひとり ひとり ひとつ ひとつ 道を 選んだ

サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL

いつかまためぐり逢うそのときまで 忘れはしない誇りよ 友よ 空へ

僕らが分かち合う言葉がある こころからこころへ 声を繋ぐ YELL

ともに過ごした日々を胸に抱いて

飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

my graduation-SPEED

あなたと出逢えてよかった 今ひとり瞳を閉じる

心のアルバムめくれば きらめく想い出たちよ

続いてく 時はいつも止まらずに

変わってく 街も人も愛もみんな

ずっと忘れない 離れてもくじけない

生きていく 今日から

やさしさと 勇気をくれたよね

愛が芽生えたJuly 最初のKiss

ふたりの合図 仲直りした夜

本当に愛してた

いつかまためぐり逢う

終わらない今日は私の

my graduation

振りかえれば つらい時はいつも そばにいて励ましてくれたね

言葉にできない想いも涙も あなたはわかってくれたよね

できるなら あの頃へ戻りたい

ずっと素直じゃなくてゴメンね

遠いX'mas Eve 永遠を誓ったKiss

あの日くれたチョーカー

今も胸で光っています

笑いころげたVoice 瞳のTruth

コロンのにおい 待ち合わせした店

あざやかにこみあげる

人はいつか旅立つ

幼かった昨日の私に さようなら

あの日のように 何もなかったように 夢で逢えたら…

ずっと忘れない いつまでも祈ってる

あなたのその夢が いつの日か

かないますように…

愛にはぐれたTonight 最後のKiss

ふたりのEyes 髪をかきあげるくせ

本当に愛してた

あなたと過ごした青春

輝きはずっと色褪せない

my graduation

La La La La La…

Forever True Love

La La La La La…

I Remember Your Love

my graduation-BUNNY THE PARTY

あなたと出逢えてよかった 今ひとり瞳を閉じる

心のアルバムめくれば きらめく想い出たちよ

続いてく 時はいつも止まらずに

変わってく 街も人も愛もみんな

ずっと忘れない 離れてもくじけない

生きていく 今日から

やさしさと 勇気をくれたよね

愛が芽生えたJuly 最初のKiss

ふたりの合図 仲直りした夜

本当に愛してた

いつかまためぐり逢う

終わらない今日は私の

my graduation

振りかえれば つらい時はいつも そばにいて励ましてくれたね

言葉にできない想いも涙も あなたはわかってくれたよね

できるなら あの頃へ戻りたい

ずっと素直じゃなくてゴメンね

遠いX'mas Eve 永遠を誓ったKiss

あの日くれたチョーカー

今も胸で光っています

笑いころげたVoice 瞳のTruth

コロンのにおい 待ち合わせした店

あざやかにこみあげる

人はいつか旅立つ

幼かった昨日の私に さようなら

あの日のように 何もなかったように 夢で逢えたら…

ずっと忘れない いつまでも祈ってる

あなたのその夢が いつの日か

かないますように…

愛にはぐれたTonight 最後のKiss

ふたりのEyes 髪をかきあげるくせ

本当に愛してた

あなたと過ごした青春

輝きはずっと色褪せない

my graduation

La La La La La…

Forever True Love

La La La La La…

I Remember Your Love

YELL-タンポポ児童合唱団

「“わたし”は今 どこに在(あ)るの」と

踏みしめた足跡を 何度も見つめ返す

枯葉を抱き 秋めく窓辺に

かじかんだ指先で 夢を描いた

翼はあるのに 飛べずにいるんだ

ひとりになるのが 恐くて つらくて

優しいひだまりに 肩寄せる日々を

越えて 僕ら 孤独な夢へと歩く

サヨナラは悲しい言葉じゃない

それぞれの夢へと僕らを繋(つな)ぐ YELL(エール)

ともに過ごした日々を胸に抱いて

飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

僕らはなぜ 答えを焦って

宛ての無い暗がりに 自己(じぶん)を探すのだろう

誰かをただ 想う涙も

真っ直ぐな 笑顔も ここに在(あ)るのに

“ほんとうの自分”を 誰かの台詞(ことば)で

繕(ゆくろ)うことに 逃れて 迷って

ありのままの弱さと 向き合う強さを

つかみ 僕ら 初めて 明日へと 駆ける

サヨナラを誰かに告げるたびに

僕らまた変われる 強くなれるかな

たとえ違う空へ飛び立とうとも

途絶えはしない想いよ 今も胸に

永遠など無いと 気づいたときから

笑い合ったあの日も 唄い合ったあの日も

強く 深く 胸に 刻まれていく

だからこそあなたは だからこそ僕らは

他の誰でもない 誰にも負けない

声を 挙げて “わたし”を生きていくよと

約束したんだ

ひとり ひとつ 道を 選んだ

サヨナラは悲しい言葉じゃない

それぞれの夢へと僕らを繋(つな)ぐ YELL(エール)

いつかまためぐり逢うそのときまで

忘れはしない誇りよ 友よ 空へ

僕らが分かち合う言葉がある

こころからこころへ 声を繋(つな)ぐ YELL(エール)

ともに過ごした日々を胸に抱いて

飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

旅人-遊佐未森

my graduation-華原朋美

あなたと出逢えてよかった 今ひとり瞳を閉じる

心のアルバムめくれば きらめく想い出たちよ

続いてく 時はいつも止まらずに

変わってく 街も人も愛もみんな

ずっと忘れない 離れてもくじけない

生きていく 今日から

やさしさと 勇気をくれたよね

愛が芽生えたJuly 最初のKiss

ふたりの合図 仲直りした夜

本当に愛してた

いつかまためぐり逢う

終わらない今日は私の

my graduation

振りかえれば つらい時はいつも そばにいて励ましてくれたね

言葉にできない想いも涙も あなたはわかってくれたよね

できるなら あの頃へ戻りたい

ずっと素直じゃなくてゴメンね

遠いX'mas Eve 永遠を誓ったKiss

あの日くれたチョーカー

今も胸で光っています

笑いころげたVoice 瞳のTruth

コロンのにおい 待ち合わせした店

あざやかにこみあげる

人はいつか旅立つ

幼かった昨日の私に さようなら

あの日のように 何もなかったように 夢で逢えたら‥‥

ずっと忘れない いつまでも祈ってる

あなたのその夢が いつの日か

かないますように…

愛にはぐれたTonight 最後のKiss

ふたりのEyes 髪をかきあげるくせ

本当に愛してた

あなたと過ごした青春

輝きはずっと色褪せない

my graduation

La La La La La ‥‥

Forever True Love

La La La La La ‥‥

I Remember Your Love

YELL-クリス・ハート

「“わたし”は今 どこに在るの」と

踏みしめた 足跡を 何度も見つめ返す

枯葉を抱き 秋めく窓辺に かじかんだ指先で 夢を描いた

翼はあるのに 飛べずにいるんだ ひとりになるのが 恐くて つらくて

優しいひだまりに 肩寄せる日々を越えて 僕ら 孤独な夢へと歩く

サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL

ともに過ごした日々を胸に抱いて

飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

僕らはなぜ 答えを焦って

宛ての無い暗がりに 自己(じぶん)を探すのだろう

誰かをただ 想う涙も 真っ直ぐな 笑顔も ここに在るのに

“ほんとうの自分”を 誰かの台詞(ことば)で

繕うことに 逃れて 迷って

ありのままの弱さと 向き合う強さを

つかみ 僕ら 初めて 明日へと 駆ける

サヨナラを誰かに告げるたびに 僕らまた変われる 強くなれるかな

たとえ違う空へ飛び立とうとも 途絶えはしない想いよ 今も胸に

永遠など無いと 気づいたときから

笑い合ったあの日も 唄い合ったあの日も

強く 深く 胸に 刻まれていく

だからこそあなたは だからこそ僕らは

他の誰でもない 誰にも負けない

声を挙げて “わたし”を 生きていくよと

約束したんだ ひとりひとり ひとつひとつ 道を選んだ

サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL

いつかまためぐり逢うそのときまで 忘れはしない誇りよ 友よ 空へ

僕らが分かち合う言葉がある こころからこころへ 声を繋ぐ YELL

ともに過ごした日々を胸に抱いて

飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

Bonne nuit minouche-コシミハル

YELL-Frances Maya

「“わたし”は今どこに在るの」と 踏みしめた

足跡を 何度も 見つめ返す

枯葉を抱き 秋めく窓辺に

かじかんだ指先で 夢を描いた

翼はあるのに 飛べずにいるんだ

ひとりになるのが 恐くて つらくて

優しい ひだまりに 肩寄せる日々を 越えて

僕ら 孤独な夢へと歩く

サヨナラは悲しい言葉じゃない

それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL

ともに過ごした日々を胸に抱いて

飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の空へ

僕らはなぜ 答えを焦って

宛ての無い暗がりに 自己(じぶん)を探すのだろう

誰かをただ 想う涙も

真っ直ぐな 笑顔も ここに在るのに

“ほんとうの自分”を 誰かの台詞(ことば)で

繕うことに 逃れて 迷って

ありのままの弱さと 向き合う強さを つかみ

僕ら 初めて 明日へと 駆ける

サヨナラを誰かに告げるたびに

僕らまた変われる 強くなれるかな

たとえ違う空へ飛び立とうとも

途絶えはしない想いよ 今も胸に

永遠など無いと 気づいたときから

笑い合ったあの日も 唄い合ったあの日も

強く 深く 胸に 刻まれていく

だからこそあなたは だからこそ僕らは

他の誰でもない 誰にも負けない

声を挙げて“わたし”を 生きていくよと

約束したんだ ひとりひとり ひとつひとつ 道を選んだ

サヨナラは悲しい言葉じゃない

それぞれの夢へと 僕らを繋ぐ YELL

いつかまためぐり逢う そのときまで

忘れはしない誇りよ 友よ 空へ

僕らが分かち合う言葉がある

こころからこころへ 声を繋ぐ YELL

ともに過ごした日々を 胸に抱いて

飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ