何も残らないの歌が含まれ

未知の道の道-藍坊主

禊-MISOGI--AcQuA EP

ふたり-東野純直

Thunder-[Alexandros]

あたりさわりない僕の毎日がまた

月火水木金で染まってく

ひとまず残った申し訳程度の土日で

元通りにって塗り替える

「あたりまえの生活」は誰にとっての

当たり前なのかとかによるけれど

僕の毎日はそうだ

ある意味絵に描いたよな「あたり前の生活」だ

焦らないで今の今まで

やってきた結果

転ばずに病まずに

生き残った

痛みも知らず

刺激も知らず

死にたくはないのさ

雨が降って

飛び込んでった

あの世界に

会いたいって

思って

辿って

巡り巡りきたのです

明け方になって

我に返って

「もういい」って

ほんの少し

君の世界にいたかったのです

あたりさわりない僕の一年が

春と夏と秋と冬で埋まってく

何も残らないから「せめて三ヶ日の間だけでも」

って取り戻す

「あたりまえの生活」は誰にとっての

当たり前なのかとかによるけれど

僕の毎日はそうだ

ある意味絵に描いたよな「あたり前の生活」だ

焦らないで今の今まで

やってきた結果

転ばずに病まずに

生き残った

苦みも知らず

刺激も知らず

死にたくはないのさ

雷が鳴って

飛び込んでった

あの世界に

消えたいって

思って

眠っても

朝目覚めるのです

夜中になって

も眠くなくて

彷徨って

ほんの少しの間

この世界にいたかったのです

I wanna go

I'm on the road

I wanna know

I want it more

I want it slow

I want it slow

I want it slow

雷が鳴って

飛び込んでった

あの世界は

会いたいって戻っても

もう僕にはいくとこがない

雨が降って

飛び込んでった

あの世界に

会いたいって

思って

辿ったけど

誰もいないのです

明け方になって

我に返って

戻った

ほんの少しの間

君の世界にいたかったのです

通り雨だった

遠くで光った

通り雨だったyeah yeah

通り雨だった

近くで光った

通り雨だったyeah yeah

Run Away-[Alexandros]

Stepping out to the world

Where all the lights are gone

眠れない

眠れない

When all the bustle is gone

When all the grouch is done

逃げ出せ

逃げ出せ

Run Away

Run Away

So I just stepped out of the window

on a silent road

静まり返る住宅の地

霧雨タタタタ淡々と

アスファルト

リズムパターン刻んでる

息を吐いて吸ってもう一手って

前へ前へって

自覚のないままに酸素が染み渡って

赤い血が巡り巡って

言葉になって

喉カラカラ涸らして

タラリララリ「僕等」は

中途半端な満足で

事足りる様になっていった

過去を悔やむ

霧雨やんで

電信柱が光って

小さな水はね

僕はタラララと

掠れた鼻歌いながら

ペースを上げた

毒を吐いて吸ってもう一手って

前へ前へって

自覚のないままに「僕等」の中に群れた

白い息巡り巡って

旋律になって

命からがら走った

のらりくらりと「僕」は

はぐれる事を選んだんだ

本当に満たしてくれる物探すため

高望みと言われて

才能が無いと言われても

怯める程僕は賢くなくて

1番になったって

2番になったって

結局最後は

皆消えてくんだ

僕が死んだって

何も残らないから

生きているそのうちは

死んでたまるか

のらりくらりと「僕」は

これから先も生意気で

大声で歌って笑って

たまに泣いて

タラリララリ「僕等」は

中途半端な満足じゃ

事足りぬ様になって

現在に至る

Run Away

Run Away

抱きしめても-安全地帯

終わりのない空-秦基博

Drop Drop-w-inds.

クリシェ-ポルノグラフィティ

あなたは側にいた いつでも僕の側に 心に近いところに

あなたは笑ってた 僕の腕に隠れて おかしそうに笑っていた

こんな美しい夜に 胸に満ちる想いは 今も褪せないあなたとのことばかり

「二度と会わない」と言った その意味に 今日もひとり深く沈んでく

会いたくて 恋しくて どうにかなりそうで

どこにもいないってことを思い知る 涙

あなただって 同じように 想っててくれたら

などという夢がよりいっそう 僕を泣かせるよ

さよなら告げた街 家路を急ぐ人を 煩わせる夕立

街頭ビジョンから 流れるヒットソング あの頃の曲はない

ガードレールに繋がれて 停まったままの時間 太い鎖 解きようもないままに

二度と会えないとしても それでもいい? 声に出さず問い続けてる

音のように 熱のように 掴みようもないもの

なくなってしまえば何も残らない 涙

悲しみが 降り続き 僕を飲み込む頃

二人が出逢ったわけを じっと感じてる

もし時を戻すことができて 胸にたくさんの花束を抱いて

あなたの前に立った姿を描く 幸せな眠り 訪れるように

会いたくて 恋しくて どうにかなりそうで

どこにもいないってことを思い知る 涙

いつかまた 同じように 笑ってくれるかな

などという夢がよりいっそう 僕を泣かせるよ

会いたくて 恋しくて…

音のように 熱のように 掴みようもないもの

Wanderin' Destiny-倖田來未

遠くで星達 息をひそめて見守ってる

二人の体 かすかに揺れて思いだしたよ

しあわせになりたくて

子供のころの夢

気づいてくれなかった

あなた以外 誰も

二人で歩いて

どこまでも歩いて

友達なんかいらない

あなた以外 誰も

Just try, Just dream a little bit tonight

We'll be far away together forever...

...So don't cry

あなたのしあわせ

見つけてほしかった

君が微笑んで

おやすみを言って

眠ってほしかった

あきらめるときは

足あと消して行く

わたしを忘れて

かけらさえ何も 残らないように

Et ce voyage commence sans bagage

What's going on... 何処までもあてもなく...

...and then

いくつもの忘れ物 思い出まで捨てるつもりで

おかしくなっても やさしい言葉かけてくれていたね

いつまでも 心にしまっておけない事に気がついて

静かに夢の国 そろそろ雪がそっと降りだしている

...わたり歩いて

いるようでいない 気持ちだけ先ばしっている

花が咲くころ きっと静かに暗闇を

また二人で寝転がってながめていたいよ

そして星空の下いつか口づけかわしたいよね

So I cry 静かに

So I cry 見せずに

So I fight 見つけに

Don't give up

何もないなんて 思えない

気づかないふりなんて出来ない

そばにいたい しょうがないそれしかない

いつまでも

あなたのしあわせ

見つけてほしかった

君が微笑んで

おやすみを言って

眠ってほしかった

あきらめるときは

足あと消して行く

わたしを忘れて

かけらさえ何も 残らないように

あなたを 信じたら

あなとと 死ねたら

あなたと 静かな

運命の絆 永遠の愛情

あなたと 感じたら

あなたと 誓えたら

静かに始まる

運命の絆 永遠の友情

I'll be w/z you all my life

You'll be w/z me all your life

会わずにいられない

Wanderin' destiny, Wanderin' fantasy

I'll be w/z you all my life

You'll be w/z me all your life

会わずにいられない

Wanderin' destiny, Wanderin' fantasy

And then something change

Every time you talk L'oiseau Bleu

...in your soul