ひとり ひとりの歌が含まれ

ひとりひとり-ベリーグッドマン

あぁ今日も気付けば陽が落ちてる

何とも言えない寂しさが溢れてる

また家路が遠く感じるそんな季節

目が回るほど早く過ぎる時の

感じ方はそれぞれ違うけど

担う「生」を全うすることが

課せられた宿命

「あっち向いてホイ!」が

今じゃ「あっち行ってこい。」

必死こいても スルーさ何言っても

通勤中がイヤでイヤで 仕事帰りはやれやれ

幾度となく逃げそうになった

でもクサラズにここまでこれたのは

“ありのまま”認めてくれる

たったひとりお前がいてくれたから

「人は一人では生きてけない」とか

「結局 最後は一人ぼっち」とか

全部 ひっくるめて 僕は僕らしく生きることが

この世界に生まれた理由 振り返れば君がいる

そうOne Big Family. ずっとあなたの隣に

ひとりひとり違うのに

「今を生きる」=「平等に与えられたストーリー」

きっと気付いてたのに 誰もが知らんぷり

いつかわかる日が来ますように

人生を共にする人。相反する人。

好きな人。なかなかそうでない人。

「十人十色」「色とりどり」「ひとりひとり」

思い通りに行かないね

でも君にはね 紡いで欲しいんだ糸と糸

人と人は出会うために生まれた

きっとそれもママが命がけでやっと

肩ぶつかっても振り返らずにテクテクと

Motherのお腹の中で “other”

出会いのかけら忘れてきたんだ

Wonderful Colorfulな人

相手のイイトコ“2つのアイ”で

一人でも多く 出会いたい

呑んで語りたい 普段の愛で

君と君と君と君を繋ぐもの

目には見えないなにかを

手と手と目と目を絶対離しはしない大きな愛情

根付いた根拠はなくても

ずっと繋がってる気がする

それぞれの価値観の中に

出会いと別れはいつまでもPriceless

ひとりひとり違うのに

「今を生きる」=「平等に与えられたストーリー」

きっと気付いてたのに 誰もが知らんぷり

いつかわかる日が来ますように

人はみな誰でも ひとりで生まれて

いつか旅立つけど

ひとりひとりと出会えたことで

たったひとりの君が一つ大きくなれる

ひとりひとり違うのに

「今を生きる」=「平等に与えられたストーリー」

きっと気付いてたのに 誰もが知らんぷり

いつかわかる日が来ますように

ひとりひとりの心に深く-松崎しげる

片想い-中森明菜

酔歌-吉幾三

見上げた流星-TOKIO

ねぇ 幼い頃 探していた夜空の流星に

さまざまな願い伝えたこと その輝きと競うように

あぁ いつの間にか 日々の中でうつむいてばかり

立ち止まって空見上げること 気づいたら人はみな忘れていた

無力な自分見つめて 諦めそうになるとき

不器用に笑った友の あのぬくもりを心に灯すよ

同じ時間(とき) 同じ空の下で 同じ痛みを分け合いながら

ひとつひとつの小さな夢が 大きな星座になるから

変わり続ける世界の中で 変わらない愛(もの)がきっとあるんだ

目を閉じて信じれば その胸に輝いてるよ

ねぇ 誰もがみな 孤独の中 震えてたのなら

心を重ねて 今出逢えた その意味を確かめて歩き出そうよ

理不尽な現実に 投げ出しそうになるとき

記憶の中に生きてく あの笑顔を心に映すよ

いくつもの過ぎ去った季節を 今はもう振り返りはしない

旅路の果てに掴めるものが きっとあると信じてるから

変わり続ける時代の中で やがて離れてく運命だって

共にいる この瞬間(とき)を いつの日も噛み締めていくよ

今は星屑みたいな夢も いつかは強く輝き始める

ひとりひとりが手を取り合って 大きな星座になるから

あの日瞬いた流れ星は 変わらずに今でもそこにあって

目を閉じて信じれば その胸に輝いてるよ

君のこと照らしているよ

ふるさと-嵐

Especial thanks-愛内里菜

Q&A-秋月律子(若林直美)

Hello コンチェルト-秋月律子(若林直美)・木下ひなた(田村奈央)・佐竹美奈子(大関英里)・松田亜利沙(村川梨衣)

からくり芝居-秋吉真実