タクシー!それはお前が決めてくれの歌が含まれ

俺のタクシー-ユニコーン

俺の俺の俺の俺の俺の俺の俺のタクシー どこいった

カバンをトランクに入れて とびのった

カバンをトランクに入れた ままだった

渋谷、代々木、四谷、神田、早稲田、舟渡、どこいった

会話が はずんでしまう 午後だった

手を振り 笑顔で見送った あとだった

カバンをなぜトランクに入れた ばかだった

カバンはトランクの中で どこいった

俺のタクシー ミドリのボディー 世界にひとつだけ(荷物もひとつだけ)

俺のタクシー どこにいるの せめてもういちど会いたい

みなとみらい、都築、目黒、練馬、舟渡、どこいった

成田、佐倉、八千代、松戸、足立、舟渡、どこいった

腕よりもハート込めて 今日も西東 走ってたげるぜ いつも

愛想ふりまいて 嫌なお客でも 降りるときには いつもニコニコさ

羽田、台場、汐留、銀座、上野、柏、豊島、湯島 おれのタクシー

駒場、代田、三茶、弦巻、三宿、舟渡、中野、江古田、

狩場、戸塚、江ノ島、葉山、鎌倉、舟渡、どこいった

八王子、国立府中、町田、狛江、舟渡、どこいった

俺のタクシー 黒だったかも 帰ってきておくれ(荷物にはよ気づけ)

俺のタクシー どこにいくの せめてもういちど会いたい

日比谷、田町、五反田、恵比寿、目白、舟渡、どこいった

小牧、磐田、藤枝、沼津、小田原、舟渡、どこいった

俺の俺の俺の俺の俺の俺の俺の俺の俺のタクシー どこいった

俺の俺の俺の俺の俺の俺の俺のタクシー どこいった どこいった

タクシーと指輪とレストラン-村上てつや

タクシーと指輪とレストラン-加藤和彦

ムーンライト・タクシー-浅野ゆう子

TAXI乗りたて-グループ魂

「小金持ってるぜえ!!」

どのように行きましょうか

風のように行ってくれ

どのように行きましょうか

稲妻のように行ってくれ

どのように行きましょうか

馬車馬のように行ってくれ

どのように行きましょうか

ジェームスディーンのように行ってくれ

「はい」って!!!

めったに行かない麻布とか

二次会と三次会の間とか

タクシー乗ったらぜってえ言われる

どのように行きましょうか

せっかく大人になったのに

道知らねえから負け犬

せっかく小金持ったのに

乗りたてだから負け犬

オレはお前のナビじゃねえ!

タクシー!いちいちオレに聞かないで

タクシー!それはお前が決めてくれ

タクシータクシー

タクシー乗りたて!

どのように行きましょうか

夢見る少女のように行ってくれ

どのように行きましょうか

ボロ雑巾のように行ってくれ

どのように行きましょうか

バラードのように行ってくれ

どのように行きましょうか

時には娼婦のように行ってくれ

どのように行きましょうか

ちまき食べ食べ行ってくれ

どのように行きましょうか

腰を振り振り行ってくれ

どのように行きましょうか

チンポコいじりいじり行ってくれ

どのように行きましょうか

婆ちゃんの話でもしながら行ってくれ

オレはお前のオレはお前の 婆らゃん知らんねえ!

タクシー!いちいちオレに聞かないで

タクシー!それはお前が決めてくれ

タクシータクシー

タクシー乗りたて!

タクシー乗りたて!

Born to Rock-キング・クリームソーダ

タクシードライバー-amazarashi

ショッピングモール、アウトレット、郊外の黄昏

家族連れ、人いきれ、シャツに聖者の肖像、滲んで

車の牽引ロープを買った伏し目がちな青年

自宅の鴨居にぶら下げて首を括る予定

地方都市と呼ぶのもはばかられる様な町で

地元の友人と未だつるんで、たまには呑んで

息苦しさを感じながらも幸福だとうそぶいて

青い青空が青過ぎてもはや黒で

タクシードライバー 世情を憂いて 溜め息で曇る生活に流行歌

飲み過ぎてくだまいて突っ走る四号線

政治批判でもなんでもいいから話しをして

途方もない真っ黒が喉につっかえて

吐き出したくないもの吐き出してしまいそうなんだ

タクシードライバー 夜の向こうへ連れてって

優先席前に立ち尽くす妊婦がいたので

腹は立ったが結局なんにも言えなくて

サラリーマンが性的倒錯をスマホの画面でまき散らして

世界の気まずさがこの車両に凝固してる

遠い国の爆破テロ、および犯行声明 僕が聞いたのはタクシーのラジオAM

窓から六本木の高層ビルがいけ好かねえ

物質主義が貫通してる、東京の楔として

タクシードライバー トランクを開けてくれ

僕らの荷物、多過ぎて歩けない

流れる都市の景色があまりにもきらびやかで

相対的に僕らの幸福は萎縮して

汗かいて一粒の喜びに明け暮れて そのくせ帰りの道筋だって人任せ

タクシードライバー 夜の向こうへ連れてって

ニュースの紛争、ネットに流れた死体のjpeg

痛みを無視出来るなら人は悪魔にだってなれる

排他主義反対と疎外する人間が居て

暴力反対という暴力には無自覚な奴がいて

不良になる為には、まず良い人間にならなければ

家出する為には、まず家に住まなければ

運転手さん、あなたは出会った中で一番の思想家

生活に根ざした哲学で疾走する思想家

タクシードライバー 窓ガラスを開けてくれ

淀んだ空気 開け放って 夏の風

将来も未来も視界不良の道半ばで けど、不安に人生を明け渡せる訳はねえ

この長いトンネルは一体いつ抜けるんですかね?

どうぞ行ける所まで行ってくれて構わねえ

タクシードライバー 夜の向こうへ連れてって

タクシー音頭-恵比寿ロータリー姉妹(恵比寿マスカッツ)

キャサリンタクシー-倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンス

ワインレッドの妖しいタクシー

キャサリンタクシー 真夜中オンリー

午前0時の時報を合図に Runaway-Runaway 街を行く

「今宵どちらへ?気の向く方へ?

ベルリン?サハリン?お望み通り」

距離の分だけ激しい言葉で Love is ガソリン 走り出す

荒野から大都会へ 此処から他所へ

衝撃のドライヴィングテクで 夜を往け

たとえ追いつけないとしても キャサリンタクシー、追ってくれ

月灯りを突破して 愛を愛を愛を愛を

そこらのルールじゃCant stop me at all

テールライトが痙攣するほど Love Me Love Me 激しく乗って

監獄(ジェイルハウス)も敬遠するほど

バイオレンス ライオネス 止まらない

このままウッドストックへ、ウラジオストックへ

狂熱のフライデーナイト 闇を斬れ

愛がもし幻ならば キャサリン いっそ事故ってくれ

次のゲートを突破して 遠くへ遠くへ遠くへ遠くへ

そこらのルールじゃ Can't stop me at all

走れ走れ走れ走れWow Yeah

フロントガラスには ルージュで GET OUT OF MY WAY

停車場、掃除夫、退屈、誘惑、走れ走れ走れ走れ Long Long Way

愛がもし灯としても キャサリンタクシー、

追ってくれ 次のゲートを突破して

キャサリンタクシー 追え

届かなくても遠くても 俺はあんたに乗ってるよ

月明かりを突破して アイ・オー・アイ・オー・アイ・オー

そこらのルールじゃ Can't stop me at all

タクシードライバー-中島みゆき

やけっぱち騒ぎは のどがかれるよね

心の中では どしゃ降りみたい

眠っても眠っても 消えない面影は

ハードロックの波の中に 捨てたかったのにね

笑っているけど みんな本当に幸せで

笑いながら 町の中歩いてゆくんだろうかね

忘れてしまいたい望みを かくすために

バカ騒ぎするのは あたしだけなんだろうかね

タクシー・ドライバー 苦労人とみえて

あたしの泣き顔 見て見ぬふり

天気予報が 今夜もはずれた話と

野球の話ばかり 何度も何度も 繰り返す

酔っぱらいを乗せるのは 誰だって嫌だよね

こんなふうに道の真ン中で泣いてるのも 迷惑だよね

だけどあたしは もう行くところがない

何をしても 叱ってくれる人も もう いない

タクシー・ドライバー 苦労人とみえて

あたしの泣き顔 見て見ぬふり

天気予報が 今夜もはずれた話と

野球の話ばかり 何度も何度も 繰り返す

車のガラスに額を押しつけて

胸まで酔ってるふりをしてみても

忘れたつもりの あの歌が口をつく

あいつも あたしも 好きだった アローン・アゲイン

ゆき先なんて どこにもないわ

ひと晩じゅう 町の中 走りまわっておくれよ

ばかやろうと あいつをけなす声が途切れて

眠ったら そこいらに捨てていっていいよ

タクシー・ドライバー 苦労人とみえて

あたしの泣き顔 見て見ぬふり

天気予報が 今夜もはずれた話と

野球の話ばかり 何度も何度も 繰り返す

タクシー・ドライバー 苦労人とみえて

あたしの泣き顔 見て見ぬふり

天気予報が 今夜もはずれた話と

野球の話ばかり 何度も何度も 繰り返す