最終電車の歌が含まれ

最終電車 featuring 泉まくら(FragmentのREMIX)-パスピエ

最終電車-パスピエ

最終電車-奥華子

またすぐに会えるけど 寂しくて仕方ない

ちょっとでも 離れるのが怖くて

最終電車の中 窓に映った街に紛れて 少し泣いてた

最近二人の仲が 少し変わってきたね

電話やメールの回数も 前より少なくなった

髪の色変えても 新しい靴を履いても あなたは何も言ってくれないけど

大きな手に包まれたり 無邪気な横顔を見たり

一緒にいればそれでいい

もう少し あと少し 帰りたくないよ 今日も改札口で 手を振った

またすぐに会えるけど 寂しくて仕方ない

ちょっとでも 離れるのが怖くて

最終電車の中 窓に映った街に紛れて 少し泣いてた

鞄の中でずっと待っている マナーモードの「オヤスミ」

本当は今すぐにでも 私から送りたいけど

吊革につかまって テープを巻き戻してくように

今日の二人を思い出してく

あなたが言った言葉 その時見せた表情を 一つ一つなぞってゆく

さっきまで触れていた あなたの温もり どうか家に着くまで 消えないで

時々切なくなる いつでも不安になる

あなたを好きになればなるほど

最終電車の中 扉が開いた時 もう一度 走り出してた

またすぐに会えるけど 寂しくて仕方ない

ちょっとでも 離れるのが怖くて

最終電車の中 窓に映った街に紛れて 少し泣いてた

やっぱり 今日も好きでした

最終電車-川江美奈子

最終電車-コレサワ

最終電車 〜missing you〜-ソナーポケット

最終電車が走り出す

どんなに別れがつらくても

さよならだけは決して言わない

未来という名のチケットに

書かれた行く先で、必ず

笑顔の君が、待ってるから

さっきまで一緒にいたのに

離れた途端にセツナクなって

帰るとこがおなじだったら

時間に君を取られなかったのに…

少しでも繋がっていたくて

「着いたら電話する!」と打っていたのに

送信ボタン押そうとしたら

先に君からのラブレター

ひとりじゃなく、ふたりならば

乗り越えていけると信じてる

思い遣(や)ることで確かめあいながら

最終電車の窓ガラス

映った自分に問いかける

ぼくらに目的地はあるのか?

どんなに遠く離れていても

おんなじ未来を目指してる

あの約束は忘れてない

慣れた地元の話し方も

気付けばこの街に染められて

変わらない、と言ってたくせに

知らず知らず不安にさせたね…。

君からの着信取れなくて

本当は心配しているのに

「待ってるね!」だけのメッセージ

その優しさが、苦しくて

傷つけては、もうダメだと、

折れそうな時もあったけれど

負けてしまうのが悔しくてこらえた

最終電車の溜め息で

冷たいドアが閉まる場所に

君がいない…なんて夜もあったな

すれ違う心と心が

欲しがる答えを抱きしめて

言えない言葉、残したまま

距離さえ愛してみる…なんて

言うよりずっと難しくて

紆余曲折たどり着いた

足早に降りる改札に君が

最終電車が走り出す

どんなに別れがつらくても

さよならだけは決して言わない

未来という名のチケットに

書かれた行く先で、必ず

笑顔の君が、待ってるから

最終電車-中村千尋

あなたを乗せた最終電車がホームにすべりこんで

溢れる人の波 見なれたチェックのシャツ

あたしのおでこに手をあてて笑う 「前髪がのびたね」って

いつも受話器越しの声 今日はとなりで聞けるんだね

月明かりの下で はんぶんこした缶コーヒー

しあわせはこんな路地裏にもあるよ

あなたとならば

世界中の花がいっせいにひらく瞬間があるなら

きっと今なんじゃないかな

「おかえりなさい」あたしはいつでも待っているよ

会えなかった時間うめるようにとなり同士おしゃべり

気づかなかったこの部屋の狭さ 明るくなった窓の外

さみしさ紛らわすために 塗りつぶしたスケジュール帳

忙しくしてても忘れたことないよ

あなたはどんな気持ちでいたの?

会いたいと泣いた夜も ため息でむかえた朝も

いつか終わりがくるから

「おかえりなさい」あたしはいつでも待っているよ

時計の針はあせったように刻む

テーブルには空っぽの缶コーヒー

さよならは何度繰り返してもなれないね

世界中の花がいっせいにひらく瞬間があるなら

きっと今なんじゃないかな なんて…

「いってらっしゃい」あたしはいつでも見送るよ

あなたを乗せた最終電車がホームの向こう消えていく

あたしはうつむいて歩き出すよ

悲しみに暮れる街 見ないように

最終電車-HIGHWAY61

最終電車-ビリケン

人波に流されず 生きて行けるでしょうか

この道はどこまでも 続いてるのでしょうか

バイト帰りふと立ち止まり 昨夜(ゆうべ)のあなたのこと

僕をはげますつもりの電話 言葉をなくしてた

叶わぬ夢はだからこそ

美しくあり続けるでしょう

いつかは帰ろう 笑顔をつれて

あなたの住むふるさとへ

夢をみたよ あなたの夢を

あの日のままの景色

いつか二人でいきたかったなぁ

遠くの温泉へ

叶わぬ夢はだからこそ

美しくあり続けるでしょう

いつかは帰ろう 笑顔をつれて

あなたの住むふるさとへ

いつかは帰ろう 笑顔をつれて

あなたの住むふるさとへ

yeah そういつも いくつもの帰り道 最終電車で

ついては消える街灯の下

缶コーヒー片手に空を見上げた

この星空のもと いくつものストーリーが…

最終電車の窓に映った ひとりの男の顔

すこし弱気で すこし強気な 目を軽くつむれば

明日に向かい また疲れた肩 自分の手でなぐさめ

呪文のように繰り返すのは あの日のコトバ

叶わないものなんでない 願えばきっと叶うって

想い続けたからこそ 今ここに僕がいるんだよ

きっと後悔はしない 多分後悔はしない

つーかしたくない 仕方ないとか云いたくない

ついては消える街灯の下

缶コーヒー片手に空を見上げた

この星空のもと 「あなたに会いたいな」

いつも あぁ いつか

最終電車-Plastic Tree