だろうな。の歌が含まれ

君はいらないだろうな-back number

シリアル-phatmans after school

日々繰り返しの毎日 満員電車に揺られては

周りの奴らの顔色伺う「はあ‥」

愛想笑いも板についてどうにか僕は元気でやってるよ

子供の頃に描いてた 理想の僕ではないけれど オトナになるって

そういうもんだろう? なあ?

自問自答したところで いつもと同じ朝が来る

どやされて ため息ついて 毎日うんざりしちゃうよな

だからたまにはサボってさ

気持ちリセット今日はどっか 出かけよう

明日はきっと良い日だと 自分でそうつぶやいてみる

やることなすこと上手くいかなくて

嫌になることもあるけれど

明日はきっと良い日だよ だから頑張って生きていこうぜ

きっと 辛いこともあるけれど

歩き出そう さあ、くだらねえこの素晴らしき世界を

失敗ばかりの毎日 周りの奴は笑いながら もうそろそろ諦めなよってさ

なあ、人に言われて諦めるほど 僕の夢は安くない

つまづいて 涙こぼして もうダメだ。なんて、 塞いでしまった時には

振り返ることも必要だ 下がった分だけ もっと前に進めばいい

明日はきっと良い日だと 自分でそうつぶやいてみる

夢や理想のぜんぶが全部

叶えられるワケじゃないけれど

君が選んだ道だから 負けないで最後までやり切ろうぜ

きっと 迷うこともあるけれど

今しかない 今しかできない 君だけの人生だから

明日はきっと良い日だよ だから頑張って生きていこうぜ

きっと 辛いこともあるけれど

歩き出そう さあ、くだらねえこの素晴らしき世界を

またね-DREAMS COME TRUE

そっか やっぱ行くんだ もう決めたんだ

今までみたいには会えなくなるね

そっか でも昔っから言ってたもんね

ずっと夢だったんだよね

こんな時は がんばれとか あきらめるなとか 気をつけてとか

言えたらいいんだろうな

こんな時こそ 何かあったら帰っておいで いつでも待ってるからって

言えたらいいんだろうな

あぁ でも胸に開いた黒い穴みたいなのに自分でも驚いて

ただばかみたいに繰り返してる

そっか そっか そっか・・・ またね またね

そっか そっか そっか・・・ またね またね

いつか きっとこんな日が 来るってことは

わかってたつもりでいたけれど

そっか やっぱきびしいな いざとなると

何も言えなくなるんだね

きみを思う気持ちとかさ 単純に応援してるとかさ

言って欲しいんだろうな

こんな時こそ 笑って見送らなきゃとか あとはまかせておけだとかさ

どうして言えないのかな

あぁ 握りしめた手でこの気持ちが全部伝わるわけもないのに

ただばかみたいに離せずにいる

そっか そっか そっか・・・ またね またね

そっか そっか そっか・・・ またね またね

ただそばにいる毎日が これほど大切だったなんて

なんで今気づくんだろうな

「またね」 このひと言に こんなにもいろんな思いが詰まってるってことは

きっと一生 言えないんだろうな

あぁ でもさびしいとか置いてかないでとか泣き言も言えないくらい

きみはとっくに前を見てる

だから

またね またね またね ぜったい またね

またね またね またね ぜったい またね

またね!

KNIGHT-遊助

準備はいいか Knight

軍馬にまたがり Ride on

百戦錬磨の街道を

我らが行くんだ Fight

自分に勝て付和雷同

完全戦闘モード

拳を突き上げ Go

騎士団連合

分厚い壁ぶっ壊して

覚悟決めて来たんだろうな

余計なもん捨てて Turn it up!

鉄の扉 蹴破って

閉じ込めて冷めかけた Your mind

呼び出して燃やせよ 着火Fire

描け未来に 勝ち取る日を

剣(つるぎ)掲げて

守れ未来に継がれる血を

盾を構えて

迷いは無いんだ 攻めるんだ 今がその時だ

何度も勝つんだ Stand up now 歴史刻むんだ

風神 雷神 覇王

感じる勝利の波動

前進あるのみ爆走

鎧を纏った核弾頭

知るかよ格差や階層

気にしている場合じゃねぇぞ

でっかい相手の戦象

うるせぇ 重砲

どでかい柵よじ登って

自分の言い訳ならバイバイ

1歩で輝く百万倍

急階段駆け上がって

3段飛ばしで Jump up

力を磨いた Under ground

描け未来に 勝ち取る日を

剣(つるぎ)掲げて

守れ未来に継がれる血を

盾を構えて

迷いは無いんだ 攻めるんだ 今がその時だ

何度も勝つんだ Stand up now 歴史刻むんだ

輝いた夢さえ飲み込む幻想 摩天楼

倒れても立ち上がる我ら無敵の Knight soul

誰か決断しなきゃ 残れぬ性(さが)

ハンパな決心じゃ勝ち得れずこのまんま

いいか?この先どんなDanger でも負けんじゃねぇぞ

Our life goes on

描け未来に 勝ち取る日を

剣(つるぎ)掲げて

守れ未来に継がれる血を

盾を構えて

迷いは無いんだ 攻めるんだ 今がその時だ

何度も勝つんだ Stand up now 歴史刻むんだ

秘密-SUPER BEAVER

好きなこと 好きな人 大切にしてるこだわり

胸を張って口にする人は とても楽しそうだよな

好きなこと 好きな人 大切にしたいこだわり

誤魔化してしまうのは何でだろう 何故嘘までついちゃうの

秘密にしている 理由が 確信のない不安ならば

僕らが望む未来は それでも自分を信じられたその先で

歓びに声を上げ叫ぶのは 幸せに手を叩き笑うのは

好きなこと 好きな人のことを 諦めなかったそんな瞬間だろう

歓びを分かち合うために 幸せを分かち合うそのために

ああ 自分自身のこと 誤魔化しちゃいけないんだ

好きなこと 好きな人 大切にしたいこだわり

胸を張って口にすることで 未来を照らすんだろうなあ

秘密にしている 理由が 確信のない不安でもさ

あなたが望む未来があるのは 自分を信じられたその先で

歓びに声を上げ叫ぶのは 幸せに手を叩き笑うのは

自分のこと 自分の好きなこと 諦めなかったそんな瞬間だろう

歓びを分かち合うために 幸せを分かち合うそのために

ああ まずは自分のこと 愛せなきゃ

歓びに声を上げ叫ぶのが 幸せに手を叩き笑うのが

好きなこと 好きな人のことを 諦めなかったそんな瞬間なら

歓びを分かち合うために 幸せを分かち合うそのために

ああ 自分自身のこと 誤魔化しちゃいけないんだ

好きなこと 好きな人 大切にしたいこだわり

胸を張って口にすることで 未来を照らすんだよなあ

教えてよ あなたの秘密が ちゃんと叶うようにさ

花に嵐-米津玄師

雨と風の吹く 嵐の途中で

駅は水面に浮かんでいる

轍が続いて遠い靄の向こう

ひとりで眺めて歌っては

そうだあなたはこの待合室

土砂降りに濡れやってくるだろう

そのときはきっと笑顔でいようか

もう二度と忘れぬように

わたしにくれた 不細工な花

気に入らず突き返したのにな

あなたはどうして何も言わないで

ひたすらに謝るのだろう

悲しくて歌を歌うような

わたしは取るに足りなくて

あなたに伝えないといけないんだ

あの花の色とその匂いを

そうだあなたはこの待合室

風に揺すられやってくるだろう

そのときはきっとぐしゃぐしゃになって

何も言えなくなるだろうな

悪戯にあって 笑われていた

バラバラにされた荷物を眺め

一つ一つ 拾い集める

思い浮かぶあなたの姿

はにかんで笑うその顔が

とてもさびしくていけないな

この嵐がいなくなった頃に

全てあなたへと伝えたいんだ

苦しいとか悲しいとか 恥ずかしくて言えなくて

曖昧に笑うのをやめられなくなって

じっと ただじっと蹲ったままで

嵐の中あなたを待ってる

悲しくて歌を歌うような

わたしは取るに足りなくて

あなたに伝えないといけないんだ

あの花の色とその匂いを

はにかんで笑うその顔が

とてもさびしくていけないな

この嵐がいなくなった頃に

全てあなたへと伝えたいんだ

花 あなたがくれたのは 花

僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい-back number

僕の世界は君を中心に

回っていると言っても過言じゃない

これから生み出す全てを

捧げても構わない

これには あのクレオパトラでさえも

ご納得いただけるクオリティの

ご提供となるはずだったのにな

いらないって言われりゃそれまで

僕は君の事が好きだけど

君は僕を別に好きじゃないみたい

答えがあまりにシンプル過ぎて

もうね何も言えないね

ぐうの音も出ないってこの事だね

でも気が済むまで

好きでいるけど

あんまり気にしないで

嫌われないように生きる僕では

君には好かれないって一体何なんだい

フラれてからずっと考えてるけど

謎は深まるばかり

これには あの少年名探偵でさえも

途中で泣き出して家に帰ります

誰より大事にしたいと思う

僕じゃなんでダメなんだろうな

僕は君の事が好きだけど

君は僕を別に好きじゃないみたい

彼氏がいるわけじゃないみたいだし

そうか 好みじゃないのね

絶望って言葉がぴったりだね

押しても駄目なら

引いてみようかな

いやきっと気付かれもしない

本当に僕が欲しかったものは

ちゃんと言えたんだって記憶でも

明日の強い自分でもなくて

君なんだ 君が欲しかったんだ

僕は君の事が好きだけど

君は僕を別に好きじゃないみたい

それなら仕方ないってならなくて

今日も行き場の無い想い

身体中に詰め込んでパンパンだぜ

もうやけくそだって

バカなフリして

来週また言ってみようかな

毎週言ってみようかな

半袖-aiko

ユキウサギ-アイドリング!!!

Twinkle Twinkle雪が舞う まだ恋になれない雪うさぎ

いつまでも溶けないで 胸の奥で

珍しく 積もった雪集めて

小さな雪うさぎ 二人で作った

明日には 溶けてしまうだろうな

伝えられなかった 想いと一緒に

ずっと君には大事な人がいる 明日あたりケンカでもしてしまえ

なんてねこんなんだから 振り向いてもらえないの

Twinkle Twinkle雪が舞う まだ恋になれない雪うさぎ

いつまでも溶けないで 胸の奥で 震えてる

Twinkle Twinkleもう少し 君のそばにいさせて

駅までの帰り道 まだつかないで 雪に願うよ

なにげなく 君がくれたカイロ

「もうあったかくないかもね」君は言うけど

私には あったかく感じたよ

これこのまま貰うね 宝物増えました

幸せそうに話す君の横顔 それが私の話じゃなくてもね

ずっとずっとこうして 見つめていたいの

Twinkle Twinkle君が好き まだ声にできない雪うさぎ

いつまでも溶けないで 胸の奥に 抱えてる

Twinkle Twinkle夢見てる 手をつないで歩きたい

ポケットの中のカイロ 強く強く 握りしめている

Twinkle Twinkle雪が舞う いつか恋になりたい雪うさぎ

いつまでも溶けないで 胸の奥で

Twinkle Twinkleどこまでも この道が続いてゆけばいいのにな

雪うさぎ 小さな願い 抱きしめているよ

KISS MY BABY-アイドルカレッジ

KISS MY BABY 一瞬で世界が七色になるなら

初めてはそう、君がいい

トキメキ 本気

ドキドキ なぜ? 思春期

無意識 君を探してしまうよ

ウツムキ 弱気

自分にちょっと嘘つき

タメイキ 続き 夢で逢えるかな?

君を目の前にするとコトバを 無くしたみたいだ

少しの勇気があればもっと 近くなるんだろうな

KISS MY BABY ちょっとだけ背伸びをしてもいい年頃

TOUCH MY LIP ハートで繋がっていたいよ

KISS MY BABY オトナの階段を一つ昇るから

隣にはそう、君がいい

マバタキ 意識

ヤキモキ 今日も延期

短期は損気 また逃げているよ

君の周りだけ時間がいつも スローモーションみたいだ

たった一歩を踏み出せばきっと 夢じゃなくなるのかな

KISS MY BABY 瞳を閉じて待ってるよ君のこと

TOUCH MY LIP ココロは重なっているよね

KISS MY BABY 一瞬で世界が七色になるなら

初めてはそう、君がいい

まだ知らないこと 知るのはちょっと怖いことだけど

臆病な自分にさよなら 恋を進めるよ

KISS MY BABY ちょっとだけ背伸びをしてもいい年頃

TOUCH MY LIP ハートで繋がっていたいよ

KISS MY BABY オトナの階段を一つ昇るから

隣にはそう、君がいい

KISS MY BABY 瞳を閉じて待ってるよ君のこと

TOUCH MY LIP ココロは重なっているよね

KISS MY BABY 一瞬で世界が七色になるなら

初めてはそう、君がいい