僕らはここでの歌が含まれ

僕らはここでお別れさ-Awesome City Club

桜ノ雨-中孝介 feat.伊東歌詞太郎

桜ノ雨-absorb

それぞれの場所へ旅立っても友達だ聞くまでもないじゃん

十人十色に輝いた 日々が胸晴れと背中押す

土埃上げ競った校庭 窮屈で着くずした制服

机の上に書いた落書きどれもこれも僕らの証し

白紙の答辞には伝え切れない思い出の数だけ涙が滲む

幼くて傷付けもした 僕らは少し位大人に成れたのかな

教室の窓から桜ノ雨

ふわりてのひら心に寄せた

みんな集めて出来た花束を

空に放とう忘れないで

今はまだ… 小さな花弁だとしても

僕らは一人じゃない

下駄箱で見つけた恋の実廊下で零した不平不満

屋上で手繰り描いた未来図 どれもこれも僕らの証し

卒業証書には書いてないけど 人を信じ人を愛して学んだ

泣き 笑い 喜び 怒り

僕らみたいに青く青く晴れ渡る空

教室の窓から桜ノ虹

ゆめのひとひら胸奮わせた

出逢いの為の別れと信じて手を振り返そう

忘れないで

いつかまた…大きな花弁を咲かせ

僕らはここで逢おう

幾千の学舎の中で 僕らが巡り逢えた奇蹟

幾つ歳をとっても変わらないで

その優しい笑顔

教室の窓から桜の雨

ふわりてのひら心に寄せた

みんな集めて出来た花束を

空に放とう忘れないで

今はまだ…

小さな花弁だとしても 僕らは一人じゃない

いつかまた…

大きな花弁を咲かせ

僕らはここで逢おう

No matter how hard it hurts me.

I'll never say good bye.

Your presence will always linger

in my heart.

...wanna see your smile again.

桜ノ雨 -abreast ver.--absorb

桜ノ雨 -祝奏歌--absorb

Bless you-absorb

桜ノ雨-absorb feat. 初音ミク

それぞれの場所へ旅立っても友達だ聞くまでもないじゃん

十人十色に輝いた 日々が胸晴れと背中押す

土埃上げ競った校庭 窮屈で着くずした制服

机の上に書いた落書きどれもこれも僕らの証し

白紙の答辞には伝え切れない思い出の数だけ涙が滲む

幼くて傷付けもした 僕らは少し位大人に成れたのかな

教室の窓から桜ノ雨

ふわりてのひら心に寄せた

みんな集めて出来た花束を

空に放とう忘れないで

今はまだ… 小さな花弁だとしても

僕らは一人じゃない

下駄箱で見つけた恋の実廊下で零した不平不満

屋上で手繰り描いた未来図 どれもこれも僕らの証し

卒業証書には書いてないけど 人を信じ人を愛して学んだ

泣き 笑い 喜び 怒り

僕らみたいに青く青く晴れ渡る空

教室の窓から桜ノ虹

ゆめのひとひら胸奮わせた

出逢いの為の別れと信じて手を振り返そう

忘れないで

いつかまた…大きな花弁を咲かせ

僕らはここで逢おう

幾千の学舎の中で 僕らが巡り逢えた奇蹟

幾つ歳をとっても変わらないで

その優しい笑顔

教室の窓から桜の雨

ふわりてのひら心に寄せた

みんな集めて出来た花束を

空に放とう忘れないで

今はまだ…

小さな花弁だとしても 僕らは一人じゃない

いつかまた…

大きな花弁を咲かせ

僕らはここで逢おう

No matter how hard it hurts me.

I'll never say good bye.

Your presence will always linger

in my heart.

...wanna see your smile again.

Focus-雨のパレード

ECHOES-alan

時代-アンダーグラフ

きっと何十年も何千年も前からね 笑顔は人を癒すモノで

悲しい涙は誰もが 見たくないと願っていたのでしょう

めまぐるしく時は流れ 僕らも気付けば長い間

共に過ごし喜怒哀楽 ぶつけ合いながら夢を見た

誰かの言葉に傷ついたり 笑ったり

繰り返しながらも 手にしたり 捨ててみたりもした

きっと何十年も何千年も前からね 笑顔は人を癒すモノで

悲しい涙は誰もが 見たくないと願ったでしょう

ずっと時代は変わり続けるけど 変わらないモノがあるのでしょう

大切にしたいモノを 貴方となら遺せていけるでしょう

会わなくても伝えられる 電話やメールや色んなもの

「昔はね…」と教えられた 戻りたいのに戻れない

それでも僕らは 何となくだけどわかってる

命の重さや 争う事の 惨めさ悲しさを

だって何十年も何千年も前からね 僕らはこのホシに生まれて

愛し合う事の強さを 見つけ出して暮らしたでしょう

ずっと未来を作り続けたから 僕らはここで出会えたでしょう

こんなに素敵な毎日 いついつまでも続いていくように

いつか僕らも空へ旅立つでしょう サヨナラはいずれ来るのでしょう

幸せな時代だったと 思えるように 遺せるように

きっと何十年も何千年も前からね 笑顔は人を癒すモノで

悲しい涙は誰もが 見たくないと願ったでしょう

ずっと時代は変わり続けるけど 変わらないモノがあるのでしょう

大切にしたいモノを 貴方となら遺せていけるでしょう