ここにはの歌が含まれ

ここには愛があるから…-ハイジ

ここにはいない君へ-PANG

もうここには何もない-松任谷由実

wander-関ジャニ∞

この位置を目指した地図?

それよりも目の前の自由と戯れ

仕事をこなしてく偽りしかないしがない日々をたたずみ

歩いてきた上手に

ただ大切な物を遠くに置いてきた事にも気づけずに

巻き起こる飽きてた現実に舌鼓してた

顧みず手に入れた地位や名誉の影に隠す自己嫌悪

目的の為ならば繋いでいた手と手を離した

悲しみも喜びもごちゃ混ぜにして

心から聞こえる叫び声にさえも耳をふさいでた

意味を求め意味もなく 信じたフィールドに立つのさ

息を殺し道を行く 目を伏せ偽りの姿で

その足跡から芽が生え どんな花が咲くのか

where to wander? でもきっと何かを届けたい

足早に向かう明日が来ない事願ってたなんだか

「あなたがわからない」と言われ「俺もわからない」

言い訳も出来なくなってた

そっと鏡の前に立っては

“これを望んでたの?望んではいないだろ?”

そんな顔で見つめられていた自分自身に

膨らませてきた想像と願い

夢にまで見ていた世界 具現化したのにこぼれない笑みすらも

やっと出来上がってた等身大のパズルは

心臓部分のピースだけが抜け落ちていた

意味を求め意味もなく 信じたフィールドに立つのさ

息を殺し道を行く 目を伏せ偽りの姿で

その足跡から芽が生え どんな花が咲くのか

where to wander? でもきっと何かを届けたい

乾いた喉を堪え探した答えを

満たされる事信じて進んできた

でも、存在してる意味も 無くした心の声も

人も街も視界も暗闇で何もかもここには…ない

時のバスに乗る 過ぎ行く景色 時計の針巻き戻る

麗しき夏色 まばゆい日差し 遠い記憶漂う

一年…五年…十年…辿り着くはずないとうに捨てた終点

降りる途中で 途中下車した俺の目の前に

少年が両手いっぱいに夢や希望抱え込んで笑ってた

見覚えある俺は一目で誰だかわかってた

こんな風に笑えてたんだ

思い出せば答えはあった

そう、大切な物 俺は綺麗な花を咲かせたかったんだ

意味を求め意味を抱く 信じたフィールドに立つのさ

息を吐いて道を行く 顔上げ誇らしい姿で

この足跡から芽が生え 綺麗な花を咲かせよう

where to wander? 俺は真の愛を届けたい

正義のタレット-DECO*27

素晴らしきこの世界 あべこべに

いい嘘悪い嘘を まぜこぜに

どこにでもあることが ここにはない

みんなが持つものこそ 僕にはない

これぞマイノリティ ほら喜べ きみが望んだの

ほっとしちゃって 叶ってしまった 夢へのチケット

きっとここまではよかった

この叶えた喜び薄まれば すぐに逆を求めてぐずり出す

自分のものはすぐに捨てたがり 他人のものが妙に欲しくなる

それが我儘 ママどこ? 都合の悪さがバブバブー

ちょっとりせっと 戻ってしまった 正義のタレット

そっと鏡を抱き締めた

生きているから 優しさは歪んでしまうのだろう

たらればで悪意のない悪が彷徨う

ねえ痛いでしょう?進んでも戻っても ばいばい

ねえまたすぐ逢えるから 笑ってよ ばいばい

ねえ最期に希望を飾ってよ ばいばい

壊れたこの世界 逃げたいのに

背を向ければ「駄目だ」と指差され

崩れそうな足場で戦えば

今や今やと石を投げてくる

これは期待か いや義か

どちらも悪魔の焼夷弾

どんとりせっと しれっと奪った 浄化のタレット

もっと暗がりが好かった

どれもこれも嫌で逃げたかった

背を向けたから足を掬われた

崩れそうな足場から落ちたら

思いの外 なるほど、楽でした

これは意外だ 皆、今落ちれば楽になれるから

もっとりせっと 染まってしまった 正義のタレット

もっと石を投げてあげる

生きてきたから 悲しみを隠したくなるよ

それぞれの価値を 粉々に撃ち抜けば

ねえ痛いでしょう?進んでも戻っても ばいばい

ねえまたすぐ逢えるから 笑ってよ ばいばい

ねえ最期に希望を飾ってよ ばいばい

あなたが息を止めたら 僕は天使になれるの

その体が朽ちるまで 祈ってるよ 祈ってあげるよ

ねえ痛いでしょう?進んでも戻っても ばいばい

ねえまたすぐ逢えるから 笑ってよ ばいばい

ねえ最期に希望を飾ってよ ばいばい

素晴らしきこの世界 あべこべに

いい嘘悪い嘘を まぜこぜに

どこにでもあることが ここにはない

みんなが持つものこそ 僕にはない

これぞマイノリティ ほら喜べ きみが望んだの

ほっとしちゃって 叶ってしまった 夢へのチケット

きっとここまではよかった

この叶えた喜び薄まれば すぐに逆を求めてぐずり出す

自分のものはすぐに捨てたがり 他人のものが妙に欲しくなる

それが我儘 ママどこ? 都合の悪さがバブバブー

ちょっとりせっと 戻ってしまった 正義のタレット

そっと鏡を抱き締めた

FULL JUMP-愛内里菜

PRECIOUS PLACE-愛内里菜

ダリア −She Knows Love−-相川七瀬

DAHLIA〜you're my universe version〜-相川七瀬

時の風-相川七瀬