君の名を呼んだの歌が含まれ

花になれ-flumpool

息も絶える環状線沿いで

色褪せた星と 闇空の下

いつのまに僕は 自分らしさと

生き方のレシピ 探しているんだろう?

素晴らしさという忘れ物

取り戻しに行こう くたびれた夢

幼少の頃 砂に埋めた様に

十年後僕に この歌を捧げよう

笑って泣いて歌って 花になれ

咲き誇れ いつか 光溢れ

歯痒くても きっと 受け止めるよ

未来は気にせずに

数えきれないほど 何度も

君の名を呼んだ

何処かで微笑んでるかな

夜空に放った 僕らの

声は喧噪の中 消えて

優しく僕らを包んでゆく

繰り返しの日々が嫌んなって

いっそ可憐に 輝いてみようか

永遠に咲くドライフラワーよりも僕らは

散りゆくとも 一心不乱な桜になろう

笑って泣いて歌って 花になれ

咲き誇れ いつか 光溢れ

歯痒くても きっと 受け止めるよ

未来は気にせずに

数えきれないほど 何度も

君の名を呼んだ

手のひらに残る温もり

あの時 誓った 僕らの

声は喧噪の中 消えて

君といた街に 立ちすくむよ

いつのまにか 傷つく事が怖くなって

まだ蕾(つぼみ)のまま

光の射す場所を ずっと探してる

明日もきっと

何処まで行けば 笑いあえるの?

自由や希望や夢は 僕が思うほど

素晴らしいかな?輝いているのかな?

未来をこの胸に

数えきれないほど 何度も

君の名を呼んだ

何処かで微笑んでるかな

夜空に放った 僕らの

声は喧噪の中 消えて

優しく僕らを包んでゆく

Another Story-Mr.Children

ときめき-米米CLUB

恋いしくて-UVERworld

君に最後に 打ち明けた 夢の話のことは うまくいっているよ

君といるはずだった時間は 仕事に打ち込んだり 仲間と過ごしたり

でもなぜだろう たくさんの人に囲まれているときほど

この世界中で 一人きりな気がして

君の姿 探してしまうんだ

恋いしくて 君の名を 呼んだ 呼んだ

心のままに愛せば良かった “さよなら”の訳を 何度も繰り返す

終わり告げたのに 消せない

雨はいつも 止むときを 教えてはくれずに ただただ降り続く

いつもと同じ 時間通りの最終電車の中 寄り添う恋人たち

ふいに 気持ちがあの日と重ねる 思いは褪せずに

時間は経つのに 雲の晴れない空の

涙がまだ止まらないんだ

恋いしくて 君の名を 呼んだ 呼んだ

心のままに愛せば良かった 臆病になってたんだ

たとえば君がそこに咲く花ならば

水を注ぎすぎ枯らす 守りすぎて日差し閉ざす

分からなくなるほど 君のこと

I miss you

甘すぎる蜜は その甘さゆえに嫌われ

絶妙なバランスが ほら 崩れ始めたとき 怖くなって

何が大切かを 分かった振りして

離してしまった 愛を

別れは出会いの始まりだって

言い聞かせて

今日も僕は歩いていくけど

恋いしくて 君の名を 呼んだ 呼んだ

心が理解してくれないんだ “さよなら”の訳を 何度も繰り返す

終わり告げたのに

今はもう逢えないと 分かっているのに

僕はまだ理由を探している “さよなら”の訳を何度も繰り返す

心に嘘が…つけなくて

月と太陽-サカノウエヨースケ

君の詩-ビリー・バンバン

always love you 〜 恋しくて 〜-岡本真夜

光をあつめて-藤巻亮太

夏の終わり-USAGI

幻想の彼方に-Okey Dokey