悲しい運命でもの歌が含まれ

Impulse-相坂優歌

誰も知ることのない 君のその弱さ見せてほしい

Secret 二人だけの

光射す冷たい部屋で Time limit 抗い続けてる

間違いかな?

今隣にいること 「気まぐれ」で誤魔化さないで

抱きしめた腕に 力込めて願う

守りたい 触れたら壊れそうな君のその心(むね)

傷跡癒せるような 言葉は見つからないけど

不確かで衝動的で まだ見えぬ未来の色

恐れたままでも ただ信じていたい

君に言えてないこと 喉の奥きゅっと震わせてる

Freeze 絡まる視線

光無く濡れた横顔 夢に見て偽善香らす日々

消えたくなる

平気なフリしてても 君がいないとダメだから

繋いでた指がほどけると苦しい

変わりたい 小さくて臆病で逃げ出す自分

叶わない 望むだけじゃ 君に受け入れて欲しいと

薄く脆いガラスたち 壊してゆこう

待ってて 伸ばしたその手をもう離しはしない

あの日誓う ありふれた約束は夏のせい?

秋が過ぎ雪溶け桜の季節も ねぇ、ここにいて

ふいに作る無理な笑顔 怒った君が愛しいよ

傷付くたび 二人強く抱きしめ合う

ごめんね 君の幸せ願うけど止められない

君の呼吸伝わる距離 失いたくないこの気持ち

不確かで衝動的で まだ見えぬ未来の色

恐れたままでも ただ信じたい

変わりたい 壊したい 逃げ出す自分

全てを偽らずに 君に受け入れて欲しいよ

走り続ける先に 待ち受けているのは

悲しい運命でも 「今」信じていたい

a shadow's love song 〜カミオ ソロver.〜-カミオ(柿原徹也)

どれだけそばにいても、そう

この声はまた届かなくて 宙に消えた

輪郭が描いた横顔の 君が美しくて

僕はにじんだ闇の中 墜ちていく

世界が違うだなんて 言い聞かせたって

ずっとただ君を想い続けてる

いつかきっと出会えるような

そう信じてしまうんだ

君の声 風に乗って

聞こえた気がした夜

例えばほら夢の中で

待ち合わせをしようか

僕はずっと待ってるから

君が気づかなくても

君には笑ってほしい

僕も笑えるから

悲しい運命すら

今はそっと抱きしめてる

いたずらな月に合わせて

踊らされてる道化だねと僕は言った

悲しげに俯く横顔の君に気づいたって

触れることさえ叶わずに遠のいて

零れていく涙の 理由(わけ)も知らないで

ここで共に泣くことしかできずに

このままずっと会えないなら

想いは消えるだろうか

その頬に触れる雨も

羨んでしまうのに

例えばそうだ 夢の中で

約束を交わそうか

いつの日か会えたときは

僕とわかるように

君が踊れるのならば

僕も踊れるから

その手を取ってあげよう

もう躓かないようにと

鼓動はずっと

止まない

君がただ、

愛しい

世界が違うだなんて 言い聞かせたって

ずっとただ君を想い続けてる

いつかきっと出会えるような

そう信じてしまうんだ

君の声 風に乗って

聞こえた気がした夜

例えばこんな夢の中に

未来がないとしたら

僕はただ闇の中で

君の幸せ願おう

君が誰かに笑った

僕は笑えたかな

悲しい運命でも

ただ一つの愛に歌おう

a shadow's love song 〜ダンタリオン ソロver.〜-ダンタリオン(寺島拓篤)

どれだけそばにいても、そう

この声はまた届かなくて 宙に消えた

輪郭が描いた横顔の 君が美しくて

僕はにじんだ闇の中 墜ちていく

世界が違うだなんて 言い聞かせたって

ずっとただ君を想い続けてる

いつかきっと出会えるような

そう信じてしまうんだ

君の声 風に乗って

聞こえた気がした夜

例えばほら夢の中で

待ち合わせをしようか

僕はずっと待ってるから

君が気づかなくても

君には笑ってほしい

僕も笑えるから

悲しい運命すら

今はそっと抱きしめてる

いたずらな月に合わせて

踊らされてる道化だねと僕は言った

悲しげに俯く横顔の君に気づいたって

触れることさえ叶わずに遠のいて

零れていく涙の 理由(わけ)も知らないで

ここで共に泣くことしかできずに

このままずっと会えないなら

想いは消えるだろうか

その頬に触れる雨も

羨んでしまうのに

例えばそうだ 夢の中で

約束を交わそうか

いつの日か会えたときは

僕とわかるように

君が踊れるのならば

僕も踊れるから

その手を取ってあげよう

もう躓かないようにと

鼓動はずっと

止まない

君がただ、

愛しい

世界が違うだなんて 言い聞かせたって

ずっとただ君を想い続けてる

いつかきっと出会えるような

そう信じてしまうんだ

君の声 風に乗って

聞こえた気がした夜

例えばこんな夢の中に

未来がないとしたら

僕はただ闇の中で

君の幸せ願おう

君が誰かに笑った

僕は笑えたかな

悲しい運命でも

ただ一つの愛に歌おう

a shadow's love song-devils and realist(江口拓也・寺島拓篤・松岡禎丞・柿原徹也)

どれだけそばにいても、そう

この声はまた届かなくて 宙に消えた

輪郭が描いた横顔の 君が美しくて

僕はにじんだ闇の中 墜ちていく

世界が違うだなんて 言い聞かせたって

ずっとただ君を想い続けてる

いつかきっと出会えるような

そう信じてしまうんだ

君の声 風に乗って

聞こえた気がした夜

例えばほら夢の中で

待ち合わせをしようか

僕はずっと待ってるから

君が気づかなくても

君には笑ってほしい

僕も笑えるから

悲しい運命すら

今はそっと抱きしめてる

いたずらな月に合わせて

踊らされてる道化だねと僕は言った

悲しげに俯く横顔の君に気づいたって

触れることさえ叶わずに遠のいて

零れていく涙の 理由(わけ)も知らないで

ここで共に泣くことしかできずに

このままずっと会えないなら

想いは消えるだろうか

その頬に触れる雨も

羨んでしまうのに

例えばそうだ 夢の中で

約束を交わそうか

いつの日か会えたときは

僕とわかるように

君が踊れるのならば

僕も踊れるから

その手を取ってあげよう

もう躓かないようにと

鼓動はずっと

止まない

君がただ、

愛しい

世界が違うだなんて 言い聞かせたって

ずっとただ君を想い続けてる

いつかきっと出会えるような

そう信じてしまうんだ

君の声 風に乗って

聞こえた気がした夜

例えばこんな夢の中に

未来がないとしたら

僕はただ闇の中で

君の幸せ願おう

君が誰かに笑った

僕は笑えたかな

悲しい運命でも

ただ一つの愛に歌おう