いつまでも忘れないの歌が含まれ

フレンド〜いつまでも忘れない〜-AiM

ねぇ 春のトビラ向こう側には どんな明日が広がってるの?

ねぇ なぜか最近 時の流れが 急に早くて戸惑ってるよ

名前で呼び合った瞬間(とき) 楽しいことが動き出す気がした

いつかは懐かしくなるなんて 気がつかずにいたよ

いつまでも忘れない 同じ窓から見た 桜の木 セミの声 いつも側にいたよね

笑ってた泣いていた 一緒に過ごした日々 何も捨てない不安だよ Friend

大人と子供 境界線は どこに隠れているんだろう

背伸びしていた? 甘え過ぎてた? 中途半端もちょうどよかった

帰り道のファミレスで 角の席アイスティーでねばって

小さな場所だけど広すぎる 未来(あす)に続いてたね

どこまでも果てしない 同じ空の下で

木枯らしと白い雪 舞い上がった思い出

サヨナラは言わないよ ホントの別れじゃないから

また会えるまで変わらないで Friend

”誰か”のウソは痛くて 信じる気持ち壊れた

そんな時ただ一緒に泣いてくれたね

いつまでも忘れない 同じ窓から見た

桜の木 セミの声 いつも側にいたよね

迷ってた揺れていた 一緒に過ごした日々

何も捨てない大丈夫かな Friend

どこまでも続いてる 同じ空の下で

木枯らしと白い雪 舞い上がった思い出

アリガトウそれぞれの 道のどこかで きっと

この胸の中歩き出せる

側にいてもFriend

離れててもFriend...

春を待ちわびて-GReeeeN

あと少しだけ 君の側にいよう

僕らを待ってるいくつもの

涙をこえるため

きっとどんな時も変わんないって

どんな事も無くさないで

いつかまた会う日も笑っていよう

そんな日々もあったって

今日がスタートって信じて

春を待ちわびてた

この見慣れた風景が 君との思い出が

いつの間にか今日を迎えて

あの初めて会った日にも 旅立つ今日も

『サクライロ』が僕ら照らす

君がいないと 少し不安だけど

胸を張って会えるように

そんな僕らでいよう

きっと何度涙こらえて

1人空を見上げた

どこかで君もまた

同じかな?

どんな日々も立ち向かって

今日がスタートって信じて

春待つ息吹たち

この見慣れた風景は 君との思い出は

いつの間にか宝物で

あの初めて会った日にも 旅立つ今日も

『サクライロ』が僕ら包む

この先いくつ 季節をこえるの?

教室の窓の空は あの街にあるの?

いつか今日の日の意味を 知ることできるの?

君と共に居た日々が 背中を押すだろう

僕らまだ無限の蕾 信じ続けよう

どんな花も咲かすだろう

またこれから見る景色 君に伝えるよ

「どうしてますか?元気ですか?」

この見慣れた風景や 君との思い出は

いつまでも忘れないだろう

あの初めて会った日にも 旅立つ今日も

『サクライロ』に見守られていた

口笛の鳴る丘-A・cappellers

駆け足の バスに飛び乗り 夕焼けに振り向けば

ありふれた 一日さえ 特別な日に変わった

街並が窓に流れて 小さくなって消えていく

君の手がシートの陰で 僕の手を握りしめた

Oh, I can dream 君がいるならば それでいいよ

どんな未来が 待ち伏せていても

空の向こうへと 虹を架けてゆく

ひとつ ふたつ そして またひとつ

A day is over, over

君を抱きしめるたびに 夢だって また生まれ変わるよ

Starting over, over 口笛を鳴らしながら

いつの日かきっと 虹の向こうへ

近づいて また遠ざかる 車の光 眺めてた

僕達に季節の終わりを告げて 風が吹き抜けた

Can't you see me? in the light, somebody call me.

Can't you hear me? in the night, somebody knock me.

Can't you see me? can't you hear me?

can't you feel me? and believe me?

Over there, over there, over there,

over the rainbow, let's get over.

Now and forever いつまでも忘れないよ

消えてしまうもの ここにあるもの

どんなに小さなものも 受け止めて

ひとつ ふたつ そして またひとつ

A day is over, over

足りないものを数えて 立ち止まってしまう前に

Starting over, over ひとつだけ大事なもの

僕たちは行こう 虹の向こうへ

A day is over, over

君を抱きしめるたびに 夢だって また生まれ変わるよ

Starting over, over, over and over and over

いつの日かきっと 虹の向こうへ

Over, over, over and over and over...

東京 Live ver.-朝倉さや

東京-朝倉さや

マテリアル-あさまっく

さよならなんて 言わないよ いつまでも忘れない

流れてくこの一瞬が きみのマテリアル

小さなころから見てた夢と きらきらの星は

なくしちゃわないように大切に しまってあるんだ

押し込んで詰め込んで貯めた ポケットの中

ひっぱり出そうとしたら固まって 上手く出せないな

一度きりの夜空は 霞みそうなくらい遠く離れてくけど

さよならなんて 言わないよ いつまでも忘れない

星空に光る欠片そこに そこにあるから

さよならなんて 言わないで 世界が変わっても

流れてくその一瞬が きみのマテリアル

躓き転んで落とした夢を かき集めるように

幸せを探すために戦った 机上の理想論

まるで目隠しをしてるような まっくらやみで

いったい何を目指すのかわからずに ひたすら進んだ

いつの間にか景色は フェンス越しでなんかちょっとつまらないね

どんなに苦しくて 寂しくて 涙流しちゃっても

それもまた良かったと言える 明日が来るから

ああ星は廻ってく ぼくたちの 夢や希望を乗せて

見逃したっていいさ いつもそこにある

空を飛べたらなんて 笑っちゃうような夢も見たけれど

きっとそれ全部全部全部 繋がって続いてく星屑のパレードさ

さよならなんて言わないよ いつまでも忘れない

心の中に光る欠片 ここにあるから

さよならなんて言わないで 世界が廻っても

流れてくこの一瞬が きみのマテリアル

ぼくらのマテリアル

Sweet Home-AZU

My home-亜波根綾乃

MEMORIES〜明日のために〜-安室奈美恵 with SUPER MONKEY'S

太陽と海のメロディ-彩音